« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

南相馬っ!

Photo

今回は相馬駅よりスタート。

Photo_6

さてさてどうなりますことやら・・・???

まだまだ

JRも全線復興とはいかない模様で・・・。

通常ボクの住んでいる街は

ほぼ0.045くらいから0.055くらいのマイクロシーベルト毎時。

毎朝ラインで自動送信してくる値だとそれくらい。

Photo_5 それがここ、

南相馬小高町では・・・。

やっぱり、

ちょっと高いよね。

ま、そんなこと、気にしちゃいないけど。

Photo_7 今回

半分くらいお世話になったのはここ。

Photo_8まあ、ボクに出来ることなんて

ほんのちょっぴりだけど

汗かくくらい出来るよネ!

Photo_9バスに乗って、

居住制限区域へと入る。

Photo_11

Photo_14

人が入っていないと

どんどん草ぼうぼうになるんだね。

当たり前だけど・・・。

Photo_15本当は水田なんだろうけど・・・。

Photo_16当然ビニールハウスだって

こんなになっちゃうよね。

Photo_17 子供のいない学校だって・・・。

緑豊かだなんて・・・、

云ってる場合じゃないよね。

Photo_18 ものの見事に、どこに行っても

人がいない。

全然誰にもすれ違わない。

Photo_19   人の住んでいない家は

どんどん草に覆われて・・・。

セミの声と

鳥の鳴き声だけが響く。

Photo_20通りの奥までものの見事に誰もいない。

昔「死の町」なんて云って失脚した政治家いたけど

あの当時は憤慨したけど

現地見て今わかる。SFちっくだ。

でも映画の世界じゃなく、当然現実。

 

 

街を歩いて、

子供の声が聞こえたり・・・、

洗濯物がいっぱい干してあったり・・・、

開いてる窓から、ふとカレーのにおいが漂ったり・・・、

TVの音が聞こえたり・・・、

時々通り過ぎるバイクの音に「うるさいなぁ~」なんてつぶやいたり・・・。

そんな当たり前のことが

当たり前じゃない。

居住制限区域

昼間しか入れない街で

何も出来ずに

ただウロウロと・・・。

いろんなこと感じて、

いろんなこと考えてるんだけど、

ちっぽけなボクには何も出来なくて・・・、

何が正解なのかもわからなくて・・・、

ただ、

ひたすらに、

黙々と汗をかく・・・、

なんなんだろね・・・。

再見!!!

| | コメント (0)

2013年7月28日 (日)

戻って参りましたっ!

戻って参りましたっ!
戻って参りましたっ!
福島県は南相馬と云うところで、

少しだけ汗を流して参りましたっ!

石巻とも

気仙沼とも

陸前高田とも違う

非常に考えさせられる問題

山積の福島でした。

一度お世話になった方が

明日28日、ニュース23に出演されるそうです。

よろしければ、是非。

お伝えしたいことはいっぱいあります。

最近の疑問点は・・・、

東電の汚染水漏洩の発表は・・・、

何故選挙投票日の翌日だったのでしょうか・・・?

再見!!!

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

準備しなくちゃっ!

準備しなくちゃっ!
まだまだ先だと思っていたら、

あっ!という間に・・・。

今年は暑そうだしなぁ〜。

タオルを多目に荷造りしとこう。

さてさて、

どんなところでしょうか・・・?

再見!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

いい感じっ!

いい感じっ!
メーカーに定期点検に出し、

しばし代車生活。

音関連が何もついていないので、

助手席に106SHを置いて、

フルボリュームにて

お気に入りの夏の音を流す。

これが、まあ、何と云うかいい感じ。

モノラル感か懐かしい。

梅雨明けの猛暑の市内も

軽やかに鼻歌で走り流す。

釣りにはまだまだ行けそうもない。

そんなイライラも

ちょっとだけ脇に置いて。


今年もちょっと長い休みを取って

ボランティアに。

2年振りの石巻、

それとも昨年の気仙沼、陸前高田。

いろいろ悩んだんだけど、

福島は南相馬に行くことにした。

おかげでもう少し休めないけど

いろいろ勉強しながら、

ぼちぼち荷造りでも始めることにしよう。

BGMは横山輝一のライブなんてどうだろう?

80年代の懐かしの名盤だ。

でも・・・、

ちょっとだけ

釣りに行きたいねぇ〜。

再見!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

地磯っ!?

地磯っ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »