« 2010年9月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

こうまとめるのかっ!?

 YOUTUBEでよく見た映像を

細切れにしてBGMをくっつけたら、こんな感じになるのか・・・。

 

 

 

映像①

 注!映像に遺体が含まれます。心臓に悪影響を及ぼす可能性があります。

     僕は責任取れません。

 

映像②

  

 

映像③ 

 

 

賛否両論あるだろうが、

こういうまとめかたはありなのか?

これ見た外国の人は

日本がつぶれちゃったみたいに思うだろうなぁ~。

 

ちょっと、BGMの使い方が気になるが・・・。

 

僕はこれはこれでありだと思ってアップした。

異論は当然あるだろう。

 

ただ、 

最後の天○陛下の言葉が素敵だ。

いろんな想いを丁寧に紡いだ素敵な日本語だ。

別に上から目線のつもりは全く無い。

天○陛下が好きになった。

 

 

再見!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

津波は怖ろしいっ!

 

いろいろ見たけれど・・・、

一番怖ろしいと思う映像がこれだっ!

 

 

       南三陸町

 

 

 何も知らずに津波に向かって車を走らせてしまった人は助かったろうか・・・。

 

 

あの場所で

あの状況で

車椅子の人を助けに行って、

流されてしまった男性が無事であることを祈る。

自分なら助けに行けたろうか・・・。

足は動いただろうか・・・。

 

カメラを構え続けた人を批判できるだろうか・・・。

 

津波は怖ろしい。

 

 

 

再見!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

平和なやつらっ!

Photo_6 帰って来て、無性に食い意地が張ってる。

ドーナツ屋さんの前を通っただけで

もうダメだ。

 

 

 

 

 

 

Photo_7 気持ちは申し訳ないというかなんというか

石巻で頑張ってるカメラマンの○田さんの

顔がちらついたりするのではあるが

どうにもバクバク食らいつきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_8 「お父さん、太るよ!」

と云いつつ、いつの間にやら

自分達が選ぶのに一生懸命な

ガッシー家の人々。

 

 

 

 

 

平和だ。

一家四人がみんな揃って、自分の好きなドーナツを

自分の食べたいだけ自由に選んでいる。

 

平和だ。

 

 

普通のことが、普通にできる。

当たり前だと思わないように・・・。

平和ボケしないように・・・。

 

 

まあ、ムリだろうけど・・・。

 

 

 

再見!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

煩悩の塊っ!

仙台駅前からバスに乗る。

ガソリンスタンドはどこも長蛇の列のまま。

「なんとかならんかねぇ~。」

「民主党ですか?」

一人スリムクラブごっこをしているうちにバスは東北道へ。

ビビビ ビビビ ビビビ                     

あちこちで携帯電話が緊急地震速報を告げる。

こんなに沢山の緊急地震速報はびっくりする。

なんかとてつもなく巨大な地震がやって来るかのように・・・。

残念ながら、僕の携帯は音無しですけどね。

帰ったら、機種変更しようかしら・・・。

 

Pa バスは一気にどんどん南下します。

どんどん・・・、

宮城が遠くなり・・・、

 

思い出したっ!

生まれて初めて仙台行ったのに

牛タン食べてないっ!

 

 

Photo トイレ休憩のSAは

貼紙とともに休業中。

経済支援にお土産買おうかと

思っていたのですが・・・。

 

 

 

 

 

Photo_2 ちょっとうつらうつらしてたら

バスはいつの間にやら東京へ。

遠くにスカイツリーが見えて来ました。

あんな巨大地震によく無事だったなぁ~。

やっぱり日本の技術は凄いや。

 

 

 

 

 

 

東京駅に着いてバスを降りると周囲はビジネススタイルの人が多数。

みんな綺麗な格好している。

ドロだらけのカーゴパンツにヘルメット背負った自分がちょっぴり恥ずかしくなる。

阪神淡路の時に、三宮から梅田に戻った時のように・・・。

 

東京駅で新幹線を待つ間、

やはり長期に飢えを感じていた食欲を満たそうとウロウロする。

カップラーメンとおにぎり以外なら何でもいいのだけど、

何を食べよう?

 

Photo_3 やはり関東。シンプルにそば。

せいろを2枚注文しました。

美味いっ!

 

俗物な僕を軽蔑してください。

石巻のみんなはまだまだ

頑張っているのに・・・。

 

 

爆睡のうちに新幹線は名古屋へ。

Photo_5 またも空腹を覚えて

俗物な僕はにんにくたっぷりのスパゲティを・・・。

 

嗚呼、俗物な僕を軽蔑して下さい。

 

 

 

 

再見!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

じっちゃん、もっとゆっくり喋ってけれっ!

2_2  今日もいい天気だ。

タクシーはヒップアップしたままだし、

信号は曲がったまんまだけどね。

 

あっ!

水も引いてないけどね。

 

 

 9時30分、館内全員集合にて朝礼を実施する。

まずは店の従業員で犠牲になった2名に黙祷っ!

僕は当然逢ったことの無い二人だが、心から冥福を祈る。

行方不明者はまだ数名いるが、最後まで期待する。

何とか開店にこぎつけたことを全員で感謝する。

最後のオペレーションの確認。

さて、10時。

人数調整しながら、ゆっくりとお客さんを誘導する。

さて、予想以上に朝一番から混雑したのはどの売り場だと思う?

いきなりの長蛇の列は『タバコ』だっ!

自動販売機に紙幣を入れようとするのだが、

津波で濡れてしまってドロドロになったお札、自販機に通らない。

「これ両替できるかな?」

申し訳なさそうに差し出すおっちゃんに

「すぐ両替しますっ!」

千円札を2枚預かり、レジまで走るが、ドロだらけのお札、見ただけで泣きそうだ。

自動販売機は当然タスポ対応だが、タスポなんてみんな持ってるはずが無い。

数少ない喫煙者スタッフのタスポを奪い取り、

自販機前に一人配置して、年齢確認をさせて販売する。

なんとかうまくいきそうだ。

 

 

やれやれと思っていたら、おばちゃまから声を掛けられた。

「兄ちゃん、金魚のエサはどこに売ってる?」

「おばあちゃん、僕もよくわからんのでご案内しますよ。」

「足が悪いから早く歩けなくてね。」

左足を引きずりながら歩くばあちゃん。

「金魚に食べさせるものが無くてねぇ~。」

Photo「金魚もいつも食べてるのがいいだろ?」

「ああ、これこれ。」

右の袋を手に取ったばあちゃん。

「家の中なんもかんもがぐちゃぐちゃ

 なのに、何で金魚だけが平和に

 泳いでるかねぇ~。」

ばあちゃん、頼むから泣かさんでよ!

 

 

ベッドの売り場でスプリングの感じを確認している母娘。

「これ欲しいねぇ~。 今の濡れてるヤツ捨てて。」

「あのぉ~、ガソリンが無いから配送ができないんですけど・・・。」

「あんれぇ~。今夜からこれで寝れると思ったのにぃ~。

 床上浸水で家の中、ドロドロで寝るところが無いんだよねぇ~。

  まあ、ダメなもんはしょうがないっぺ。」

何とかしたい気持ちは山々ですが、

ガソリン無いのはどうしようもない。

今すぐベッドお届けしたいんだけどなぁ~。

次に声を掛けられたじいちゃんが凄かった。

まさにネイティブな東北の言葉。

ものの見事に何を云っているのかわからなかった。

「はいっ!?」

と聞き返すのも失礼だし、ゆっくり喋ってくれと云うのも失礼か・・・。

近くにいた地元の店舗の人にヘルプを頼む。

「マメタンを携帯する入れ物あるか?って、地震前から品切れなのよね。」

Photo_2

じいちゃん、こだわりの品川マメタン。

そんなブランドがあることすら

知らんかったよ。

日本も広いね。じいちゃん。

 

 

 

 

 

予定通り13時に閉店。

積み上げたカップラーメンや水は全く売れず。

そりゃそうだ。避難所行ったら、無料でもらえるんだから。

電気が来てないところが多いし、避難所にも無い冷蔵商品があっと云う間に品切れ。

納豆、ヨーグルト、マグロの刺身、うどんや焼きソバの湯で麺。

自衛隊から水をもらうのに必要なポリタンク。

そしてなによりガソリンの携行缶。

ガソリンがもっと潤沢にあったらなぁ~。

24日18時に東北自動車道が開通したから、どんどん物資を持って来られるのになぁ~。

多くのお客さんから「ありがとう」の声を頂いた。

スーパーで当たり前に買い物ができることがこんなにありがたいなんて・・・。

多くのお客さんに声掛けられた。

当たり前の普通の生活がありがたいね。

早く、水道が復活したらいいのだけれど・・・。

そして何より行方不明の大勢の人が

無事に見つかったらいいのだけれど・・・。

 

さて、バタバタの宮城応援も本日最終日。

残る店舗スタッフとテレビ○○のスタッフに挨拶して

石巻の誇るパンプキンタクシーに乗り込む。

カメラマンの○田さんと握手する。

「○岡隊長に『あれ?カズ~ラずれてますよ!』って云うんだよ!」

「そんな大きな声でっ!」

笑顔で別れる。

 

パンプキンタクシーはズンズンと街を進む。

石巻の風景を目に焼き付ける。

石巻、

なんとしてでももう一度、

  僕はこの地に立つよ。

    きっと。

      絶対に。

 

 

 

再見!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

孫さ~んっ!(東日本大震災編)

Photo さて快晴の石巻。

今日も背中のヘルメットがいなせです。

地面が乾くと

埃とにおいがちょっと・・・ネ!

 

 

 

 

 

 

Photo_2 今日もお世話になります。

石巻が誇るパンプキンタクシー。

昨日の雪でちょっとドロドロ?

 

 

 

 

 

 

さて、開店に向けての最終日。

あきらめざるを得ない準備として、あの落ちた天井。

やはりと云うか予想通りと云うか

復元など間に合う筈もなく・・・。

Photo_3 余震がどうなるかもわからないので

完全立ち入り禁止とした。

それを決定するまではもめにもめた。

従業員が取りに行けば良いのでは?

との意見も当然あったが、もし余震で

怪我人が出たらそこで営業は止まる。

おそらく半永久的に・・・。

それで良いのか?良いはずは無い。

 

Photo_5 

TSU○AKIの綺麗な女優さん達も

網の向こうだ。

もう入れない。

Photo_2 一日中走り回りっぱなし。

さすがに疲れた。

同行取材を続けている○○テレビの

○田さんと座り込む。

足元は久し振りに長靴じゃない。

宮城入りして長靴じゃないの初めてだ。

 

 

「おたくの○岡隊長、カズ~ラちょっと危ないね。」

「そうなんですよ。疲れが溜まると明らかにカズ~ラですよね。

 あれ、やっぱり髪の毛も疲れが溜まるんですかね?」

「目の前で脱げたらどうする?」

なんて久し振りにタブーを破ってバカ話に爆笑する。

と、

ビビビ、ビビビ、ビビビ

突然○田さんの携帯電話が緊急地震速報を伝える。

「あれっ?」

「あらっ?」

圏外だと思い込んでいたので突然のアラームに地震以上にビックリした。

○田さんの携帯電話を覗き込む。

アンテナが2本立っている。

自分の携帯電話を覗き込む。

ダメだ。圏外だ。

○田さんはドコモ。僕はボーダフォンじゃなくてソフトバンク。

「おぉ~いっ!みんな集合っ!」

周囲の7人を集めるが

ソフトバンク3名は見事に圏外。

ドコモ4名中、一人だけ圏外。機種によるのか?

急にあちこち電話して喋りだすドコモ組。

悔しい想いのソフトバンク組。

ったくぅ~。

孫さん、ソフトバンク、石巻じゃ役に立たないよ!

最後、時間いっぱいまで走り回って最終の準備完了。

出来てないところも多数あるけど、

どないかなるやろ。

さてさて、明日はお客さん、喜んでくれるかしら・・・。

再見!!!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月25日 (金)

雪だ雪だっ!(東日本大震災編)

Photo 予報通りとはいえ、

予想していたとはいえ、

朝起きたら一面の雪だ。

勘弁して欲しいよ。

無常の雪だ。

避難所は寒いだろうなぁ~。

早く何とかしてあげたいなぁ~。

と出来もしないことをぶつぶつつぶやきながら

出撃の準備をする。

偉そうなことをつぶやきながら

カイロをあちこちに貼っている自分ってどうよ?

 

 

 

Photo_3 石巻市内の手前で

雪は冷たい雨に変わり

やがて止んだ。

おっ!?

背中のヘルメットがいなせなのは

ガッシー君ではないですか?

何をなさっておられますのン?

 

Photo_4実はバスが運行を始めたそうだとの噂が・・・。

噂は噂の模様で・・・。

もしくは朝が早過ぎたなのか・・・。

事実は全くわからず

でもタクシーが呼べるとのことで

待っているところなのさ。

とにもかくにも

早くガソリン何とかして欲しいよねぇ~。

バスってガソリン?軽油?無知なのです。

 

 

空を見上げると報道らしきヘリが・・・。

映るかな?と両手を大きく振ってみる。

「被災地石巻が雪に覆われています。」

とかレポートしてるのかしら・・・?

おぉ~いっ!

東北の報道はもういいから

長野県の栄村の報道してあげてよ。

死者ゼロだけれど被害は甚大みたいだよ。

Photo_6待つことしばし・・・。

やって来たのは石巻が誇ります

その名も『パンプキンタクシー』

かわいいでしょ?

どうぞ宜しく!

 

 

 

 

 

あっと云う間に市街地を抜けて店に到着。

今までテクテク歩いていたのはなんだったのか?ってな感じ。

重機が入って道路が開通したのは非常にありがたい。

感謝感謝だ。

 

 

Photo まずは恒例の午前の店頭販売。

昨日から今日は雪の予報だったので

ブルーシートは昨日ほどではない。

お客さんが必要な冷蔵商品は

まだ今日は販売できない。

そりゃ、豆腐も食べたいわなぁ~。

僕だって食べたい。

 

 

昼前片付けをしていると

IS○KIのキャップをかぶった、咥えタバコのファンキーな感じのおっちゃんが喋りかけてきた。

「兄ちゃん、ありがとうな。店開けてくれてみんな助かっとるよ。」

「いえいえ、とんでもないです。」

「店の人も大変だろうにな。」

「店の人は本当頑張ってますからね。僕ら単なる応援ですけど・・・。」

「兄ちゃん、どこから来た?」

「三重県です。」

「そりゃ遠いところから。ありがとうね。」

「いえいえ、何でも云って下さいね。今すぐにはムリでも何とか調達しますから。」

「・・・・・・・・・・・・・」

片付けを続ける。

おっちゃんはどこか遠い目をしている。

「兄ちゃん、今、本当に何が不足しているかわかるか?」

「わかりません。教えて下さい。」

「棺おけと骨壷。」

「・・・・・・・・・・・。」

「遺体が見つかっても火葬も出来ない。

 埋葬するにも棺おけも無い。」

「・・・・・・・・・・。」

「ひどい話だわ。」

 

泣かないつもりが

また泣いた。

Photo_7あちこちドロだらけの中

ちょっとこましな石巻のマンホール。

中央左に二匹の魚。

アイナメのような根魚みたい。

津波の中

ガシラ君達はどうしていたのだろう?

今、どうしているのだろう?

 

 

 

 

昼からの定例ミーティング。

作業の進行状況から27日開店に向けて万全を期すために

明日は午前の店頭販売の中止を決定した。

ちょっとと云うかかなり遅れている。

開店準備に集中しないと。

 

 

再開店まであと一日!

再見!!!

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

もどかしいぞっ!(東日本大震災)

開店までの限られた時間の中で

やらなくてはいけない作業とやらない作業を仕分けしていく。

中には、本当はやりたいのだけれどあきらめざるを得ない作業も当然ある。

と云うか、そんな作業が目白押しだ。

時間が無い。

水が無い。

ガソリンが無い。

携帯は限りなく圏外。

携帯が使えないから、確認にいちいち走らなければならない。

で、更に時間が無い。

いやいや、悲観するのは止めよう。

電気が点いただけでもいいじゃないか。

Photo ドロにまみれた駐車場は

所々ひび割れている。

これはさすがに直せない。

どうせ、ガソリン無いから車少ないし

まあ、いいか・・・。

本当は直して綺麗な状態で迎えたいよね。

再開店を。

せめて掃除は綺麗にしよう。

 

 

自衛隊のヘリが2機、バリバリと大きな音を立てて飛んで行く。

内心「頑張ってくれよ!」と敬礼をして見送る。

 

 

 

Photo_2 現地では迷惑を掛けないを基本に行動して来たんだけれど

今日はちょっと我慢できそうに無い。

申し訳ないけれどトイレの大を借りる。

履きっぱなしのズボンを降ろし、開放感に浸っていると

揺れた。

かなり揺れた。

でかいぞっ!

このまま仮設トイレが倒れたら、ウ○コまみれになるなぁ~などと

バカなことを考えつつ、ズボンを上げようとしてお尻を拭いていないことに気付く。

ポケットティッシュをゴソゴソと探しているうちにどうにか収まった。

店のメンバーに確認する。

大きなトラブルは無いようだ。

ラジオでは震度5を告げている。

津波は?

身構える。

どうやら無いようだ。

安心、安心。

まだドキドキしている。

地震よ、もういい加減勘弁してくれないか?

 

 

昼食はカ○リーメイト。

一体何箱食べただろう?

もう、ちょっと飽きちゃったなぁ~。

贅沢云ってる場合じゃないのは重々承知だけれど・・・。

 

Photo_3 休憩所に置かれていた新聞。

地元紙なのだろう。

当たり前だけれど3月11日で止まってる。

アメリカ国務省のメア部長スピード更迭。

はるか昔のニュースのようだ。

 

 

 

Photo_4 石巻日日新聞一面の記事が興味深い。

9日11時45分に三陸沖を震源の地震発生

10日早朝には震度4を観測し

余震は34回を数えた。

今後1週間は大きな余震の可能性があるから

十分気をつけるようにと書いているのだ。

あれは余震だったのか・・・?

これを書いた記者さんはご無事だったのだろうか・・・?

今頃後悔していないか?

「何故『逃げろっ!』と書かなかったのか・・・。」

「何故『逃げろっ!』と書けなかったのか・・・。」

と・・・。

 

 

震災以降もどかしい日々が続いている。

もどかしい想いが自己消化しきれずにうだうだのまま心の中沈殿して行っている。

被災した街を日々くたくたになるまで歩き回っても

その想いは消えることなく、消化されもせずうだうだのままだ。

何故僕は荷物がこれだけしか持てないのだろう・・・。

何故もっと大量の水を運んで来られないのだろう・・・。

何故大量のガソリンを運んで来られないのだろう・・・。

何故僕は目の前で泣く人の想いを消し去って笑わせてあげられないのだろう・・・。

 

バリバリと音を立てて、今度は報道と思われるヘリが空を旋回している。

さっきの余震で何かあったのだろうか・・・。

何を映しているのだろう・・・?

テレビの無い生活の今、何が報道されているのかリアルタイムでさっぱりわからない。

ヘリで飛びながら、目の前で流されて行く車に、人に何も出来ずに

ただ涙を流しながらカメラを構えたカメラマンも多いと聞く。

もどかしい。

 

 

 

そんな想いを抱えつつ、

今、自分に出来る事をばたばたしながら走り回る。

 

開店まであと二日。

再見!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

じゃぼじゃぼ進むっ!(東日本大震災編)

冷たいおにぎりはもう勘弁してよぉ~。

久し振りにパリパリの海苔巻いたおにぎり食べたいなぁ~と

贅沢は重々承知でちょっとつぶやいてみる。

今朝も寒い。

 

 

 

Photo 今日も石巻。

道路はどんどん先へと片付けられるけど

街は相変わらずのガレキの山だ。

 

 

 

 

 

 

Photo_3街の中はなかなか水が引かない。

道路は冠水したままだ。

堤防が決壊しただけでなく

どうも地盤が低くなったようだ。

地元の人の話だけれど・・・

長靴でズンズン進む。

ちょっと小学生気分で

ジャボジャボ進む。

  

Photo_4 雨水でも困るけど

海水だからなぁ~などと

ジャボジャボ進む。

 

確認のため舐めてみようか・・・?

    さすがにしないしない。

 

 

 

 

Photo_6 店の事務所で朝礼。

店舗後方通路は電気の配線が

落ちたまんまでヘルメットは手放せない。

余震のたびにドキドキする。

震度5だとか震度4とか一体いつまで続くのか・・・。

今これが落ちてきたら、僕は死ぬな。きっと。

 

 

 

 

今日の決定事項。

ついに3月27日日曜日店舗営業が決定した。

ワゴン販売だけで迷惑を掛けているお客さんの為にも

一日も早く店を開けなくては・・・と思いつつも

実は内心、遅々として進まない作業を見て、

4月1日がXデーか?と勝手に決めていただけにちょっと驚いた。

Photo_7 ホワイトボードに潮位表が貼られた。

みんなで釣りに行くのか・・・?

これこれ、ガッシー君?

満潮には街の道路は冠水する。

夜の作業を満潮前に終えないと

真っ暗の市街地をジャボジャボ進むと危険との

判断で作業完了時間を逆算するよう指示が出た。

当然、朝も早出出動は出来ない。

 

 

 

こんな限られた時間で間に合うのか?

とは内心思うのだが

ジャパニーズビジネスマンですので期日厳守は当たり前。

間に合わせて見せましょう!

 

さて残された時間はあと3日。

頑張りまひょか・・・。

 

 

 

再見!!!

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

せっせと準備っ!(東日本大震災編)

Photo 贅沢は云ってられないけど・・・。

さすがに毎日おにぎりではちょっと・・・。

 

と云うことで

今朝の朝食はたまごパンを二つ。

美味しいコーヒーが飲みたいなぁなどと

贅沢なことを考える。

 

 

 

 

Photo_2 毎日どんどん道が片付いていく。

これでガソリンさえ潤沢になれば

もっと一気に行けるのになぁなどと

贅沢なことを考える。

 

 

 

 

 

今日も午前中店頭でのワゴン販売を担当する。

ガソリンが無いからお客さんは周囲から歩いて来られる人ばかりだ。

列を守って並んでくれる。

「お~っ!」

突然おっさんが叫ぶ。

 

「お前、生きとったんかぁ~っ!」

 

おっさん同士が抱き合う。声にならない。

見ている僕ももらい泣き。

もう泣かないって決めたのに・・・。

 

 

 

お客さんの途絶えた昼から店舗の中に入って片付けをする。

いつまでも店頭販売を続けるわけにはいかない。

安全確認が出来ていない為、入店するにはヘルメット着用だ。

 

 

 

Photo_4 4人で力を合わせても

棚段が元に戻らない。

あきれるくらい凄い地震の力だ。

見てくれは後回しにして

安全か安全じゃないかの基準で

開店時に使えるかどうかを

ジャッジしていく。

 

 

 

 

Photo_7 営業時間中の15時前に

こんな巨大なものが落下して

怪我人がゼロだったってのが

本当に奇跡だ。

 

今、近付くのすら恐ろしい。

と思っていると、また余震だ。

 

 

 

 

Tsubaki素敵な「TSUBAKI 」の女優さんたち。

あなた方の背後がとんでもないことに

なってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

当然のことながら、空調の利いていない店内は肌寒いのだけれど

作業に集中すると汗をかいてきた。

手と顔を洗いたいのだが水はまだ出ない。

Photo_9 作業後はアルコール消毒のみ。

ううう・・・。

ばしゃばしゃと顔を洗いたいっ! 

 

 

 

 

 

 

Photo_10 応援に来た僕が

貴重な水を使うわけにはいかない。

アルコールを多めに手に取り

顔を拭う。

 

 

 

 

 

遅々として進まない作業。

一緒に作業をしている人とつい話し込む。

 

「あの地震の日、ここで仕事してたんですか?」

「はい、出勤してましたよ。」

「どうだったんですか?」

「よく覚えてないんですよ。すぐに停電したし、どうやって外に出たのか。

  周囲のお客さんと一緒に逃げたらしいんですけど・・・。」

「ご家族は?」

「おかげさまで家は流れましたけど、幸いにも家族は全員無事でした。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「家族が無事なだけまだましですよ。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「でもねぇ・・・・・・・・・。」

「ん?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「あの時、・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「あの時、逃げた駐車場にご近所の方がおられたんですよ。」

「・・・・・・・・・・・・・・。」

「大丈夫?って声掛け合って・・・・。」

「・・・・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・・・・・・。」

「私は仕事もあったし、ちょっと腰が抜けたみたいになってたから・・・・・。」

「・・・・・。」

「その人、私、○○さんの家も見てきてあげるって・・・・・。」

「・・・・・・・。」

「なんで止めなかったんだろう・・・。私。

  私が止めていれば・・・。

   その人それっきり・・・。」

「・・・・・。」

「でも、まさか、あんな所まで津波が来るなんて・・・。」

 

目の前で自分を責めて泣く人に

掛ける言葉も無く、

もう泣かないと心に決めたのに

また泣いた。

 

 

 

再見!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

更に街を行くっ!(東日本大震災編)

5時起き。

だんだん慣れてきた。

Photo カップ麺は飽きた。けどしょうがない。

今日は魚肉ソーセージと

なんとデザートにみかんの缶詰をチョイスした。

今日も夜まで食事取れないかもしれないから

無理矢理でも食べとかなくちゃね。

ズルズルとすすっているとチームリーダーがやってきた。

「ガッシーさん、店舗の販売応援って出来ますか?」

「私は単なる洋服屋ですが何でもやりますよ。」

「今日から石巻に入って欲しいのです。」

「なんでもやります!どこでもやります!」

 

 

石巻へと行く。

ゆるゆると行く。

Photo_2 田んぼのあちこちに車や船が・・・。

 

相変わらず信号は消えたまま。 

 

そして道路はドロまみれ。

川を渡ると・・・。

 

 

 

 

Photo_6 Photo_7  

 

 

 

 

 

Photo_8 Photo_9   

 

  

 

 

 

 

  

 

Photo_10津波は恐ろしい。

しっかり立っている家が結構あるだけに・・・。

地震だけなら

こんなことにならなかったのに・・・。

 

 

 

 

Photo_11泥道ですれ違いながら

「ご苦労様です。」

と挨拶してくれたおばあちゃまは

きっとまだ電気来てないだろう家に

大きな荷物を抱えて入って行った。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_12店に到着。

駐車場はあちこちがひび割れてはいるが

店舗の外観は大丈夫そう。

あくまでも外観だけだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_15 駐車場にどこからか流されたベンチが

ぽつんと。

座ってみた。

心の中聞いてみた。

「おい、津波よ !

  こんなところに

    誰を招待したかったんだい?」

 

 

 

 

店の中はまだ安全確認と消防署の許可が出ないとのことで

お客さんを入れての営業は出来ない模様。

店頭にてワゴンにいろんなものを積み上げて売るとのこと。

今日は僕は状況把握の為、列に並んでもらうよう人員整理の係りだ。

 

 

9時販売スタートの予定だがお客さんは続々と並んでいる。

「お一人様総数で10個まででお願いします。3列で並んでください。」

おばあちゃんたちも云うことを聞いてくれて

寒い中じっと待ってくれる。

30代くらいの女性二人が並びながら会話してる。

聞くともなしに聞いていた。

「地震以降お義父さんがふさいじゃってねぇ~。」

「お義母さんは?」

「お義母さんは元気。で、いつまでもふさいでてもしょうがないから

  ワカメの片付けに昨日行ったのよ。」

「ふんふん・・・。」

「そしたらワカメの網引き上げたら人が一緒に上がってきて・・・。」

「・・・・・・・・・」

「それ見てお義父さん、またふさいじゃって。」

「そりゃそうでしょ。」

「でも女って強いねぇ。お義母さん、

 水死体って引っ張ったら髪の毛ズルってなっちゃうんだねって私に云うのよ。」

朝からリアルな会話だ。

 

  

いつまでも泣いてなんていられないやっ!

僕も微力ながら頑張るよっ!

 

 

 

再見!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

街を行くっ!(東日本大震災編)

今日も避難所を回る。

バンに荷物を積み込む。

積めるだけ積み込む。

後ろが見えようが見えなくてもとにかく積み込む。

届けられるものは何でも届けるのだ。

昨日のメンバーがいきなり二人に減った。

二人が早々に風邪にてダウン。

刺激が強過ぎたのかしら・・・?

見送りに敬礼して出撃っ!

 

おぉ~っ!

自衛隊が重機を駆使してどんどん道を拡げている。

ありがとうっ!

感謝感謝だっ!

 

 

 

Photo 津波の跡にもしっかり立ってる家は意外と多い。

中がどうなってるかはわからないが・・・。

Photo_2 これだけ車や船が運ばれるだけの

津波に耐えた日本の建築。

 津波の予測は

もう少し何とかならなかったのかっ!?

などともどかしい気持ちで運転役と会話。

 車で進んで行くだけで涙が出てくる。

信号は当然消えたまま。

徐行しながら進む。

 

 

 

 

 

 

Photo_3 車で行けるギリギリまで進む。

街中はどこもドロだらけだ。

空き地はガレキが積み上げられているので

今日も路上駐車とする。

邪魔になりにくいスペースに停める。

 

 

 

 

Photo_4 ここまで津波が来たんだなぁ~と

写真を撮ってから気付いた。

一階の窓じゃなくて、まだその上。

2階の窓の下にラインが入ってた。

 

 

 

 

 

避難所を回る。

背中に水。両手に食料。

足元はドロだらけ。

下に下ろして休憩も出来ない。

 

荷物を届ける。

感謝される。

ちょっとというかかなり疲れた。

休憩させて頂く。

「ちゃんと眠れてますか?」などと質問する。

「まあ、贅沢は云えませんから・・・。」

「明日も来ますよ。あと何を持って来ましょうか?」

「そんなそんな。もう十分ですよ。でも・・・。」

「でも?」

「爪切りお持ちじゃないですか?」

「車のバッグにあります。取ってきますよ。」

 ダッシュで戻って来た。

ちょっとお借りしますとパチリパチリと爪を切る。

「身近にあって当たり前のものがここには何も無いのですよ。」

心に痛いっ!

泣いた。

 

 

Photo_5 とぼとぼと帰る道。

プリキュアの財布が落ちていた。

落とし主は・・・?

 

 

 

 

 

 

70 1970年代っぽい写真。

ドロだらけだ。

拾って届けようにもどうしたらいいのか?

 

 

 

 

 

 

 

ほんの数キロ走ると平穏な街が広がっているというのに・・・。

 

 

もどかしい。

 

何と僕は無力なのだろう・・・。

 

 

 

再見!!! 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

無力さを痛感っ!(東日本大震災編)

Photo 朝五時起床。

おにぎりとカップ麺。

支給された朝食を取る。

暖かいものが食べられるだけ贅沢。

上ってきた朝日に手を合わせて祈る。

何もかもを祈る。

ついでに自分の無事も祈る。

 

 

6時集合。

リーダーから檄が飛ぶっ!

「おはようございます。早朝よりご苦労様です。

今回集合頂いたのはそれぞれの部署でのスペシャリストと聞いてます。

が、我々は今回の震災のような状況に訓練された集団ではないし、個人ではないことは

皆さん自身が重々承知していることと思う。今回の活動ははっきり云って激務です。

それは何より先が読めないから。今朝のような余震が続いている状況でおわかりだと思う。

今から先、全ての行動においては過去の経験、勘、なんでもいい。総動員して集中して欲しい。

良いと思ったことは全て全力で当たって欲しい。

ただし、やれないことはやるな!先ほども云った。我々は訓練された集団ではない。

現地の状況はTVなどの映像で見る以上に過酷だ。感情に左右されて舞い上がった行動を取るな。冷静に、且つ熱く行動しろ!

我々は応援部隊だ。被災地の方々の迷惑になるな!足手まといになるな。

日々無事に戻って来い!

皆様方の熱意ある行動に期待する。」

 

 

重々しく言葉を熱く受け止める自分と冷静に聞くと無茶苦茶云うなぁ~と冷めた自分。

よっしゃ、いい感じ。

バランス取れてる今日はいい行動が取れそうだ。これ過去の経験。

 

 

Photo_3 本日の僕の業務は

昨日安否確認取れた避難所の人に

救援物資を届けること。

体力勝負の活動だ。

 

車に積めるだけ積み込む。

行けるところまで車。あとは歩く。

 

 

 

行って来ますっ!

車に乗り込む前に見送るスタッフに思わず敬礼してしまう。

4名にて出発。

 

 

街に出る。

ガソリンスタンドは長蛇の列。

 

 

 

 

Photo_4 Photo_5報道規制が敷かれているのか・・・?

日本では略奪は無いとされているが・・・。

被災地に入る手前、

比較的無事に済んだと思われる地区の

店舗、事業所で不自然にガラスを

割られているのが見える。

停電で夜は真っ暗だからか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_6 避難所の近くのコンビニに車を停めさせてもらう予定だったが、

自衛隊が来ていた。

給水支援のようだ。

まだまだ列は長い。

あきらめて他を探す。

4人誰にも土地勘が全く無い。

予想以上に時間がかかる。

 

 

Photo_8 ようやく見つけたスペースは

路上駐車出来そうだがドロが凄い。

何とか邪魔にならないように停める。

荷物を背負う。

両手に持つ。

持てるだけ持つ。

          歩く。

 

 

 

道はどこまでもドロだらけ。

車はあちこちに・・・。

とんでもないところに突き刺さっていたりする。

あまりにも衝撃が大き過ぎて、気楽にピロリロリ~ンとは出来ない。

両手に荷物だから現実問題できないのだが・・・。

 

 

避難所に着く、

荷物を降ろす。

指がしびれている。

なかなか伸びない。

お目当ての3名の方の名前を呼ぶ。

不在のようだ。

携帯電話を取り出す。

当たり前に圏外。

一番年配のメンバーを残し、再度車に戻る。

荷物を背負う。

両手に持つ。持てるだけ持つ。

歩く。

 

 

 

 

3度目に戻った時、一人が戻って来ていた。

被災した家に探し物に帰っていたらしい。

他の2人は行方不明の家族の情報収集に・・・。

 

 

面識の無い方だったが非常に感謝された。

握手しながら

泣いた。

涙ながらに「明日も来ます。」と云った。

「明日は何を持って来ましょうか?」たずねた。

「いえいえ、私らはこれで結構です。他の大変な人のところを回ってあげて下さい。」

また、泣いた。

 

 

一通り、他を回ったら、また来ます。と告げて別れた。

 

車まで。

 

車の中。

 

4人は無言だった。

 

 

我々はあまりに無力だ。

 

 

宿舎に戻った。

ようやくの圏内。

ツイッターを覗く。

やなせたかしさんに関するつぶやきがあった。

紹介しておこう。

『アンパンマンの作者やなせたかしさんは戦後、正義とは何か?をずっと考えた。

 最終的に

 『正義とはおなかを空かせた人に食べ物をあげることだ。』

 そしてアンパンマンは生まれた。』

 

 

活動初日、疲れた。

予想以上に精神的に疲れた。

 

明日もがんばんべえっ!

 

 

 

再見!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

ついに出撃っ!(東北関東大震災)

Photo阪神淡路の時は淡路島にいた。

単にいただけだが・・・。

地震発生時よりいつでも行きますと上司に手を上げていた。

準備していた。

1週間が経過。

「行けるか?」

「いつでも行けると云ってるでしょっ!」

汚い字が書かれたバスに乗った。

宮城県のどこに行くのだろう・・・?

                     

Photo_2 途中トイレ休憩のサービスエリアも

トイレの配管不良により仮設。

お土産屋さんのお姉さま方も

暇そうにしている。

そりゃ、誰もお土産買う状況では・・・。

彼女たちもある種被災者か・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

北上するにつれ、バスの中気温が下がる。

やる気満々のみんな、誰も文句を云わないがさすがに寒い。

 

チームリーダーが運転手さんに頼む。

「寒いのでエアコン付けてもらえませんか?」

 

 

「まだ40キロ圏内だと思うから、もうちょっと待って。」

 

 

そうか・・・、福島原発か・・・。

バス会社から云われているのか、運転手さん個人の判断なのか・・・。

そっちに意識が行ってなかった自分達に猛省。

 

Photo_3

後から調べると日本政府が決して発表しない資料ではこんな感じ。

まあ、

40キロだろうが60キロだろうが

あんまり大差無かったんだけどね。

  

 

 

 

 

 

Photo_4  深夜に仙台青葉通りに到着。

市内は表向きは平穏無事。

電気もついている。

ちょっと、ほっとする。

 

移動だけで一日が終了。

 

 

 

 

 

 

さて、明日からがんばんべっ!

 

 

 

再見!!!

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月17日 (木)

僕は知っているっ!シリーズ第5回

全国8名のガッシーが行くっ!ファンの皆様、ごきげんようっ!

最近巷でさり気なく話題の番組、

FTTテレビがお送りする『僕は知っているっ!』のお時間です。

 

 

 

 

 

 

僕は知っているっ!

 

 

 

 

 

 

 

電車の席を譲れなかった高校生は

大和田信也の息子だっ!

 

 

 

えっ!?ガッシ−君、それ本当っ!?

 

 

 

 

再見!!!

                      BGM   ♪   DOWN TOWN ♪

                                    EPO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

僕は知っているっ!シリーズ第4回っ!

全国8名のガッシーが行くっ!ファンの皆様、ごきげんようっ!

FTTテレビの人気番組「僕は知っているっ!」の時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は知っているっ!

妊婦さんに席を譲ったお嬢さんは最近では座れなくてちょっと困っている。

 

 

 

 

  これこれ、ガッシー君っ?仁科亜希子さんネタかと想ったよっ!

再見!!!

 

 

                      BGM   ♪   Down  Town   ♪

                                  SUGAR BABE  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

僕は知っているっ!シリーズ第3回っ!

全国8名のガッシーが行くっ!ファンの皆様、ごきげんようっ!

最近巷で話題のFTTテレビの『僕は知っているっ!』の時間がやって参りました。

 

 

 

 

 

僕は知っている。

38歳で子宮頸がんに発病した仁科亜希子さんは2011年現在57歳だっ!

 

    これこれっ!ガッシー君っ?君ひょっとして仁科亜希子さんのファンなのかい?

 

 

再見!!!

                        BGM   ♪   SMILE   ♪

                                   Elvis  Costello

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

僕は知っているっ!シリーズ第2回っ!

全国8名のガッシーが行くっ!ファンの皆様、ごきげんようっ!

第1回で大反響を巻き起こしたFTTテレビの人気番組

『僕は知っているっ!』のコーナーの時間です。

 

 

僕は知っているっ!

仁科亜希子さんは子宮頸がんを発病した時は仁科明子さんだったっ!

 これこれ、ガッシー君っ?君、いい加減にしてないと仁科亜希子さんに殴られるよっ!

 

 

 

再見!!!

                        BGM   ♪   熱き心に  ♪

                                     小林 旭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

僕は知っているっ!

全国8名のガッシーが行くっ!ファンの皆様、ごきげんようっ!

FTTテレビの人気番組『僕は知っているっ!』のコーナーがやって参りました。

 

僕は知っているっ!

 

 

 

 

女優の仁科亜希子さんが子宮頸がんを発病した年齢

それは38歳だっ!

  

 

 

再見!!!

                    BGM   ♪   上を向いて歩こう   ♪

                                 RCサクセション

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

うまいこと云いたい症候群っ!(UIS)

どうも震災以降ブログを書こうとするとある症状が現れる。 
『不謹慎なこと書いちゃいかんっ!』 
という想いと 
『被災した方々にいかにエールを送れるか・・・?』 
などと想うのだが、書き出しの一行が決まらない。 
結局、あの津波の映像からの衝撃を言葉にしようとすると 
消化不良を起こしてしまい、言葉が出て来ないのだ。 
気持ちのまま、「命を大事にしよう!」だとか「人に優しく」だとか 
「生きてることに感謝しよう」「食べられる自分の状況に感謝」などの言葉が 
あまりにも薄っぺらで・・・。 
なにか、奥歯にものが挟まったかのような 
『うまいこと云いたいんだけど云えない』って症状だ。 
 
 
ブログお書きの皆様、そんなことないっ? 
 
どうも今年の春は昨年の10倍の飛散だという花粉症よりも
「うまいこと云いたい症候群」が蔓延しているようだ。
そんな症状を『  U I S  ういっす  』と呼ぼうっ!
こうして略して、またうまいこと云おうとしてしまっている。 
 
 
 
 
しばし留守にしていたガッシーが行くっ!を再開するにあたって心に決めたことがある。 
 
脳外科医上山博康さんの言葉を借りようっ! 
 
 
「批判される人間でいろ。
決して評論家になるな。
何かをやっていれば必ず評論家のように批判する人が出てくる。
批判されるということは何かをやっていることだから。」 
 
 
云いたいことはたくさんあるけれど、
今は僕如きが偉そうなことを云う時ではない。
もう一人、フランスの哲学者アランの言葉を借りようっ! 
 
「悲観主義は気分によるものであり、 
 
 
    楽観主義は意思によるものである。」 
 
不謹慎と云われるかもしれないけれど 
 
ガッシーが行くっ!はいつもの調子でどこへでも行っちゃうもんねっ! 
 
 
       これこれ、ガッシー君っ?君、調子に乗りすぎてないかいっ!?
 
 
えぇ~いっ! 
 
こんな震災、早いこと片付けて 
 
みんなでメバルでも釣りに行こうやっ!  
 
              元気出して行きまっしょいっ!
再見!!!
 
 
 
                       BGM   ♪   上を向いて歩こう   ♪
                                               
                                      坂本 九
 
                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

ちょっくら行って来ますっ!

帰って来た、ガッシーでございます。

お久し振りでございます。全国8名のガッシーが行くっ!ファンの皆様お元気でしたか?

約半年間何をしていたのか?

皆様にご報告せねばいけないこと多数あるのも重々承知です。

2011年度早々に釣り上げた35センチのガシラについてもご報告したいし、

その他あんなことやこんなこと、

声を大にしてガッシーからご報告したいこともい~っぱいあるのですが、

そんな報告もせず、帰って来て早々に申し訳ないのですが、

ちょっくら北の方へ行って来ます。

お世話になってる取引先の業務支援でございます。

いまだに連絡の取れていない方もおられるようで・・・。

『 なんなんだっ!そのお気楽な口調はっ!この非常事態にっ! 』

なんて声がどこからか聞こえて来そうですネ!

お休み宣言のまま、被災地へと向かうという手もあったのですが、

3月12日に多数の方がここ『ガッシーが行くっ!』を覗いてくれました。

心配して頂いたのか・・・?

ガッシーが何か発信するのか?と期待して頂いたのか・・・。

状況はわかりませんが、

ここを覗いて頂いた『全国8名のガッシーが行くっ!ファン』の皆様に

何か発信しなければと思ったのは事実です。

こんな内容で期待通りかどうかは別として・・・。

Photo 今回の旅の相棒はこいつです。

手巻き充電でラジオが聴けます。

ライトも付きます。

それより何より携帯電話に充電出来ます。

どうです?すぐれものでしょう?

ガッシーなんぞよりはるかに

役に立ちます。

帰って来たら、また報告させて頂きます。

報告出来ないかもしれません。

現地を歩きながら、自分に何か出来ないか?考えてみたいと想います。

もし、「実は自分も動きたくてウズウズしてたんだよ。」って読者の方、

おられましたら、ひょっとしたら力をお借りするかもしれません。

それまでパワーとお金を貯めておいて下さい。

現地の状況に衝撃を受けて何も考えられずに帰って来るかもしれません。

Photo_2

ガッシー君らしく

今回ポケットには

こいつを入れて行きます。

新製品のマスカット味です。 

 

 

 

 

 

可能であれば、mixi、もしくはtwitterにて途中経過をつぶやくかもしれません。

良ければ覗きに来て下さい。

つぶやけないかもしれません。

3月いっぱいは帰って来られないかも・・・。

 

 

 

 

では、このへんで。

次回はいつになることやら・・・。

 

 

 

久々に・・・、

再見!!!

                                 BGM   ♪   上を向いて歩こう(SUKIYAKISONG INFRENCH)

                                                        CLEMENTINE   ♪

                        

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年4月 »