« 夏はすぐそこっ! | トップページ | 弱いのよっ! »

2009年5月26日 (火)

残りは何冊っ?

今日、麦の揺れる音をBGMに読破したのはこの一冊だっ!

 

 

 

Photo_10 ダナエ    藤原伊織

文春文庫   486円 +  税

2009年5月10日  第1刷

 

 

 

藤原伊織は確か以前に一度紹介したはず、

と過去のカテゴリーを探ってみると

あった、あった。

これだっ!

Photo_12テロリストのパラソルで

乱歩賞と直木賞のダブル受賞という

派手なデビューを飾ったが

僕が大好きなのはひまわりの祝祭だ。

どちらもお勧めなのには変わり無いが・・・。 

 

 

 

Photo_14 帯をはずした表紙もアトリエを想像されるほどに美しい。

物語は一枚の絵画が切り刻まれ、硫酸をかけられる所から

始まる。切り刻まれる前の実物を是非とも見たかったと

思わされる。実物などありもしないのだが・・・。

犯人はギャラリー閉館直前に来訪した女子学生なのか?

それとも・・・。

 

今日はネタばらしはこれくらいにしておこうっ!

藤原伊織はもうこの世にはいない。

あと何作僕を楽しませてくれるのか?

あと一冊か?

まだ出るのか?

とにかく完成稿はもうそんなに多くは無いはずだ。

そんな彼のことを思いながら、

内藤君の試合を見ながら

グビグビの友は、今日はこれっ!

Iwウィスキーは83年のピークを境に出荷量が減ってたらしいが、ようやく底を。

バーボンが注目されるのはまだまだ先か?注目などされないのか?

しみじみとグビグビ。

再見!!!

                      BGM   ♪   メランコリニスタ   ♪

                                   YUKI

 

 

 

 

|

« 夏はすぐそこっ! | トップページ | 弱いのよっ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。