« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

へいっ!スティービーっ!

釣りに行けない。

釣りに行けそうもない。

行けそうな気配すらない。

ピンチだ。

何が?

だって、

「趣味はっ?」

って質問されたら困るじゃない。

「釣り」

って答えられないとなると、

何て答えるんだいっ?

何も答えられなくて、黙っていたら、

「趣味すら持ってない能天気なおっさん」

だって思われちゃうじゃない。

そんなの嫌じゃん。

行けないのであれば・・・。

釣り以外の趣味を見つけようっ!

何にしようか?

急に云われてもなぁ~。

囲碁とか将棋は?  麻雀とか・・・。

料理教室にでも通おうかしら???

難しいな。

皆さん、趣味って何ですか?

趣味すら無い人って魅力無いよねぇ~。

と云うことで、

何故か、思い立って、

こんなものを買って来た。

何でしょう???

これだっ!

Photo Photo_2

 

 

 

 

  

なんと、ブルースハープを買って来てしまった。

これぞ、まさに、衝動買いっ!

誰が、何と云おうと、衝動買いっ!

どこから見ても、衝動買いっ!

ハモニカなどと呼ばないでくれっ!

ブルースハープだっ!

これで、立派な趣味人だっ!

釣りをやめても、

「ハープを少々。」

などと気取って云える。

あっちの「ハープ」と勘違いされたら困るな。

「おウチ、広いんですね。」なんて・・・。

夕焼けの防波堤。

海鳥達が家路につく。

夕陽が海に沈む頃、

デニムジーンズのお尻ポケットから取り出して

灯台の下でハープを吹く。

そうだな、スティービーのように、どこか、淋し気に・・・。

今日から、ボクのことを

スティーブ・ガッシー

と呼んでくれっ!

では、記念すべき一曲を、

今日、この部屋を覗きに来て頂いた皆さんにお届けしようっ!

            ♪   ファーーフォーー   ♪

ガッシー君、

そりゃ、豆腐屋さんだわ。

再見!!!

           BGM   ♪   THAT'S  WHAT  FRIENDS  ARE  FOR   ♪

                          STEVIE   WONDER

 

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

足元も見ようよっ!

外回りの途中、

次の商談までは若干時間が・・・。

公園のベンチでごろり・・・。

青い空を見上げる。

最近、釣りにも行けてないから、

空を見上げるなんて、久し振りだ・・・。

ごろりと横を見る。

地面が見えた。

おっ!?

ピロリロリ~ン。

Photo よく見ると、ベンチの周囲には

つくしがいっぱいだ。

どうしよう?

持って帰って食べようか?

いやいや・・・。

 

 

そんな『つくし団地』の片隅に・・・、

ピロリロリ~ン

Photo_2 さあっ!

遠くまで

飛んで行くんだよっ!

 

 

 蹴っ飛ばしたりしないから・・・。

そんな、和んだ気持ちで望んだ商談は

穏やかに過ぎ去りました。

と、

なると

綺麗に終わるのですが、

現実はそんなに甘くない。

駄目出し多発で

出直しですっ!

             人間なんて、大嫌いだぁ~っ!

ボクも裸で踊ろうかしら???

再見!!!

                 BGM   ♪   ひとりぼっちで踊らせて   ♪

                               研ナオコ

| | コメント (2)

2009年4月23日 (木)

春だよねぇ~っ!

春を通り越して、

自分自身、もう、半袖Tシャツを所望している今日この頃、

このタイトルは何っ?

思いつつ、

これは、やっぱり、春だよねぇ~っ!?

えっ?

何ってっ?

               これだっ!

Photo_2 Photo_3

ガッシー♀改め、ガシ子が作ってくれた

筍味わい尽くしセット。

先っちょの柔らかい食感と

根元のコリコリとした食感。

美味しいよねぇ~、筍。

筍と竹の子

なんとなく、

筍の方が美味しそうな気がして・・・。

22時以降、食べちゃ駄目なのわかっているのですが・・・、

ご飯、お代わりしちゃいました。

食べさせちゃいけないのわかっているはずですが・・・???

ひょっとして・・・・・・・・・・・・・・・・・、

高額保険掛けられていないかしら???

再見!!!

※※※   お酒はほどほどに。

        酒は飲んでも、飲まれるなっ!

再度、

再見!!!

                       BGM   ♪   酒と涙と男と女   ♪

                                   萩原健一with柳ジョージ

| | コメント (4)

2009年4月22日 (水)

かおるはっ?

春の陽気に誘われて、テクテクと歩いてみた。

古い街並みを、ほほう~と眺めながら、車を放置して通りを歩いた。

Photo_2 Photo_3

Photo_4 古い通りにあった造り酒屋さん。

試飲を勧められましたが・・・。

車ですので・・・。

いい感じの酒屋さんでした。

 

Photo_6 Photo_7

 

 

 

 

 

 

今日、歩いた街は、実は、あの江戸川乱歩の生誕地。

街灯もこんな感じ。

Photo_9 Photo_8

 

 

 

 

 

 

戦争で焼けなかった為、昔ながらの区画で、街が残っている。

街中を細い川が流れていて、

非常に風情のある街。

小林少年のことを思い浮かべながら、

てくてくと、とぼとぼと歩きました。

で、

街をてくてくと歩いて

        おっ!

と思って、ピロリロリ~ンとしたのは・・・、

             これだっ!

Photo_10 ファンタって

まだ、売ってましたっけ?

ちょっと、と云うか、かなりサビサビ。

もともと、どんな色だったのかしら?

などと、思いつつ、ウロウロすると・・・、

Photo_11軒下にかくれてたので、

ちょっと保存状態の良いスプライト。

綺麗なグリーンです。

昔は、酒屋さんだったようなお家でした。

 

どっか、そこらへんに、

由美かおるや水原弘がいるのでは?

うろうろしましたが・・・。

逆に、

閃きました。

こうした、風情のある、どこか懐かしい街並みに

意図的に

由美かおると

水原弘と

金鳥と

大村昆がいたら・・・、

つい、どこにあるのか?探しながら、街を歩いてしまいませんか?

ついでに、

マスプロアンテナもあったらいいですね。

              ボクだけでしょうか・・・。

あの、林真須美に死刑が宣告されました。

再見!!!

                      BGM   ♪   ゆらゆら   ♪

                                  多和田えみ

  

    

| | コメント (3)

2009年4月21日 (火)

SIT SAT NWOっ!ジウっ!

先日紹介した誉田哲也の作品を続けて紹介しようっ!

        ( ほんだてつや  と読む)

Photo 警視庁特殊犯罪捜査係【SIT】

ジウⅠ   誉田哲也

中央文庫   本体667円 + 消費税

 

 

Photo_2 警視庁特殊急襲部隊【SAT】

ジウⅡ   誉田哲也

中央文庫   本体667円 + 消費税

 

 

Photo_3 新世界秩序【NWO】

ジウⅢ  誉田哲也

中央文庫   本体705円 + 消費税

 

 

写真の通り、『ジウ』シリーズはⅢまである連作である。

どんなものかなぁ~?

自分の趣味に合うかなぁ~?

と心配な方は

まずは、このⅠを読んで頂ければ?と思う。

Ⅰだけで物語は完結している。最後のシーンではジウが次に何をしでかすのか?

と云う嫌な予感で終わるのではあるが、とりあえずストーリーは完結している。

もし、気に入ってⅡを買うのであれば、ⅡとⅢはストーリーが連続しているので

一度に買わないと夜中に後悔することになるかもしれない。

  (ジウシリーズはⅢまである連作とは書いたが、一応、Ⅲでジウは死んだことに

    なっているのだが、死体は見つかってないことにして

     Ⅳ  Ⅴと続いてくれると嬉しいなぁとボクは一人期待している。)

これ以下は例によって、内容について書いてしまう。

いつものごとく、ちょっと読んでみようか?

と思う方は読んではいけない。

まず、ジウという中国人の特異な生い立ちを持った青年が登場する。

誘拐事件など引き起こす中心にいるのだが、

どうも、ボクにはこの青年の『金』への執着心は感じられずに

ひょっとして、こいつは犯罪を起こすこと、そのことで人々が右往左往することだけに

楽しんでいるだけでは???などと感じ入ってしまった。

 (実は、楽しむという表現も言葉足らずではあるのだけれど・・・。)

で、迎え撃つ警察側の人間模様は非常に複雑に絡み合って

これが、リアル感を増して、警察組織とはこうなのか?と、これまた、感じ入ってしまう。

一応、門倉美咲巡査27歳  伊崎基子巡査25歳

この二人を中心とした人間模様だ。

門倉美咲巡査は『説得』を得意とし、伊崎基子巡査は『突入』を得意としている。

この得意技だけで、また、名前のイメージだけで、

この二人を想像してしまわないか?

ジウは不法入国した中国人夫婦の間の子供だ。

なんと、子供の時に小遣い欲しさのチンピラに誘拐され、

丁度その日に両親は不法入国で捕まり、中国へ強制退去され、一人取り残される。

日本語も喋れない子供が一人どうやって生き延びて来たのか?

想像に難くない。

上にも書いたが、彼の行動からは感情が感じられない。

ナイフを得意とする彼の行動は鋭利で冷たい。

誘拐事件を起こし、子供の指を簡単に切り落とし、両親に送りつける。

鳩を捕まえ、焼いて食べる。何より、鳩が好きなのだ。

そんなジウを中心とした集団はついには新宿歌舞伎町を独立国家として占拠してしまう。

さて、ジウは新しい秩序で新しい世界を作り上げるのか?

さあ、美咲は誰をどう説得するのか?45歳バツいちの東主任への淡い恋心は?

   基子は、どこに向かって走るのか?突入した先に見えた世界は?

スピード感にあふれる3冊だっ!

誉田哲也、

          只者ではないっ!

再見!!!

                     BGM   ♪   桜はまだ咲いている   ♪

                                  plane

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

これはボクのだっ!

自分の事務所で落ち着いて仕事

と云うよりは

パソコンからパソコンへと渚のシンドバッド状態だっ!

いつも右ポケットにはUSBメモリー。

昔はフロッピーなんて大きなものを使っていたなぁ~。

10年前には、まだフロッピー使っていたなぁ~。

で、

USBメモリーなんだけど、

小っちゃ過ぎて無くしたりしません?

  (ボクだけかしら???)

で、

何くっつけてます?

ボクは

『無限えだまめ』付けたり、

『無限プチプチ』付けたりしてたんだけど、

出先の取り引き先なんかでは、

時々、納期のことなんかで揉めたりしてる時には

出しづらい雰囲気なんかもあったりするのだけれど・・・。

ここ5年くらい、お付き合い頂いているのは

これだっ!

Usb

K-TENのフローティングのルアーを

チョイスして

USBと一緒に泳いでもらっている。

これは、何度か行方不明になっても

必ず、帰って来てくれている。

USBメモリーに

フローティングのルアー。

あると思います。

再見!!!

                       BGM   ♪   鱗   ♪

                                  秦 基博

| | コメント (8)

2009年4月19日 (日)

09年桜散るっ!

今年は、例年に無く、桜をじっくりと鑑賞する時間が取れた。

250_2

Photo_2

Photo_3 樹齢約250年と云われている

枝垂れ桜だ。

新聞記事を見て、さっそく家族で観に行った。

桜の下で食べたお弁当が美味しかった。

実に見事な桜だった。

Photo_4

Photo_6

Photo_7

近所の家の枝垂桜。

駅までの道を楽しませてくれた。

散り際も、

本当に、見事だった。

今年の桜があまりにも見事だったから・・・。

今年の桜があまりにも心に響いたから・・・。

ボク、もう死んじゃうのかしら?

などと不要な心配をしてしまう。

それくらい、

今年は桜が春を楽しませてくれた。

「ねぇねぇ、ガッシー君っ?」

「はい、何でしょうっ?」

「景色が、自然が、綺麗に見える。心に響くってことはねぇ・・・。」

「響くってことは?」

               「年取ったって云うことよっ!」

                    あ痛っ!

再見!!!

                  BGM   ♪   木綿のハンカチーフ   ♪

                                 草野マサムネ

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

09年春、はまりましたっ!

連日の激務お疲れ様です。

いつまでも若いつもりで、日々駆けずり回っておりますが、

なかなか、疲れの取れない日もあり、

ちょっと、ウォーキングなんて始めてみようかしら?

などと

いつの間にやら、今まで考えたことの無い

  『   健康法   』

なども、ちょっと気になったりする今日この頃

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

最近は、あんまりお腹冷やすのもよくないよねぇ~と

焼酎のお湯割をチビチビっとしたりしている。

で、

はずせないのが、

やはり日本人っ!

これだっ!

Photo やっぱり、これだよねぇ~。

一日、一個の梅干し。

昨年ガッシー♀が漬けてくれた

自慢の一個だ。

ちなみにご飯に雑穀も・・・。

やっぱ、※米※が美味しく食べられないと

仕事も踏ん張れないよねぇ~。

で、

導入の話が、書いてるボクにもよくわからんようになってきましたが、

本当に、本日、ご紹介したかったのは

これだっ!

Photo_2 近所のスーパーでだけ見掛ける

「 ぶっかけめかぶ  」

という商品だ。

これが、まぁ~、

美味いんだっ!

Photo_3 Photo_4

納豆とか山芋とか

ヌルヌルしてるのは

身体にいいって云うけれども

この「ぶっかけめかぶ」もヌルヌルでご飯が進む、進むっ!

近所のスーパーにしか売っていない

三重県は鳥羽から送られてくる「ぶっかけめかぶ」

大阪にいた頃には見たこと無かったので

三重県だけなのか?

 (でも、売り場では近所のスーパーにしかない。)

冬場にも売って無かったので

春限定なのであろうか?

春限定なのであれば、

明日も買って来てもらって、食せねば・・・。

ご当地ならではの食材。

まだまだ、食べてないもの

いっぱい、あります。

この春の新聞の一面で

「駿河湾の桜エビ」

と春の風物詩の報道があったが、

今年の『 いかなご 』の状況がどうだったのか?

先日、カレイ釣りの時にうっちー君から教えてもらった。

狭いようだけど、

日本

まだまだ、

美味しいもの、

いっぱいあるよっ!

美味しく食べるには・・・、

             ウォーキング始めようかしら???

再見!!!

                  BGM   ♪   夜中に書いたラヴレター   ♪

                               HOME MADE 家族

| | コメント (6)

2009年4月17日 (金)

今井さんっ!?

ちょっと、バタバタと忙しい。

今日も外回りで大阪へ。

昼食の時間もちょっとしか取れそうも無く、

大手ショッピングセンターのフードコートで

ちゃっちゃと済ます。

Photo まだ、昼から大事な人に逢うから、

青海苔はやめておこう。

関西風のモダン焼き。

そういや、長いこと

広島焼き食べて無いなぁ~。

午後の商談はどうにか、こうにか・・・。

夕方、ちょっと早目に近鉄に乗る。

車内は空いている。

窓際も空いていたが、通路側に座る。

動き出すとほぼ同時に睡魔に襲われる。

寝たっ!

途中、背後のおばさま達の笑い声で目が覚める。

降りるべき駅は近い。

爆睡していた。

涎は垂らしていない。

背後のおばさま達の会話が嫌でも耳に入って来る。

「えっ?今井さんスーツ事件をあなた知らないの?」(おばさんA)

「きゃはははははは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」(おばさんB)

「あった、あった。あはははは・・・。」(おばさんC)

「えっ?私、それ知らんわ。なになに???」(おばさんD)

「○△×の後、今井さん、ボーリング行ったんよ。

  Cさん、一緒やったんやったっけ?」(おばさんA)

「ライブで観たわよ。」(おばさんC)

「きゃははははははははははは・・・・・・・・・・・。」(おばさんB)

「あの日、今井さん、何でか気合入れてスーツ着てきたのよ。」(おばさんA)

「そう、パッツンパッツンの。」(おばさんC)

「きゃははははははははは・・・・・・・・・・・・・・・。」(おばさんB)

「あの人、なんでスーツ着て来たんやろ?」(おばさんA)

「何か知らないけど、気合入ってたわね。

 で、段差のところで転んだのよ。」(おばさんA)

「きゃははははは・・・・・・・。」(おばさんB)

「起き上がったら、袖取れてたわよ。」(おばさんC)

きゃははははは・・・・・・・・・・・・・・・。」(おばさんオールスターズ)

「あれから、今井さんのスーツ姿って見たこと無いわよ。」(おばさんA)

きゃはははははは・・・・・・・・・・・・・・。」(おばさんオールスターズ)

「びっくりよ。急に、バターンって転んで、立ち上がったら袖が無いのよっ!」(おばさんC)

「きゃはははははははは・・・・・・・・・・。」(おばさんオールスターズ)

「真冬に見事なノースリーブよ。きゃはははははは・・・・・。」(おばさん誰か)

「まるで、ドリフよっ!」(おばさんA)

「ドリフでもあんなにうまくいかないわよ。」(おばさんC)

途中から、ボクは、再度寝た振りをする為に

腕組みをして、うつむいた。

腕組みをしていたボクの肩がヒクヒクしていたことに

誰か、気が付いたろうか・・・?

今井さんっ!

是非、一度、お逢いしたいです。

あ~あ、今年の『ガッシーが行くっ!』は

  ハードボイルドを目指していたのになぁ~。

再見!!!

                    BGM   ♪   夏色のナンシー   ♪

                                早見 優

| | コメント (2)

2009年4月11日 (土)

気分は、やめられまへん氏っ!(クジメ編)

4月11日快晴の土曜日、フィッシングシンクタンクの投げ釣り大会が開催された。

深夜から三重県を後にして出撃した。

まずは、明神で尺メバルを!

などとたっぷり、あまぁ~い妄想の元、夜食を仕入れに岬町のローソンへ。

駐車場でおにぎりをパクパク。

完食後、ちょっとだけ、とシートを倒したのが大間違いっ!

そのまま夜明け近くまでzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz。

「うわあっ!しまったぁ~っ!」

明神はあきらめて、近くの深日階段へ。

今日は確実にガシラ君を捕獲したかった為、

階段に平行にちょっと投げて、しつこいくらいに誘いたくす。

2~3投後、突然背後から声を掛けられる。

「何、狙いですのン?」

「ガシラですわ。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

次の質問を待っていたが、声が無いので振り返る。

誰もいない。

ガシラ狙いの釣り人には用が無いとのことか?

「へっ!ガシラを笑う奴はガシラに泣くどぉ~っ!」

    (何の意味か書いてる本人わからんし、何の意味も無い・・・と思われます。)

と、プリプリしながらテトラ沿いに遠投すると根掛かり。

パナソニック中ウキをロストした。

次の仕掛けをどうしようか?悩んでいるとタイムリーに龍魚氏からメール。

深日階段を後にして、樽井漁港へと移動する。

途中、我慢できずに牛をしばく。

お腹いっぱいで龍魚氏と合流。

予定していた石畳には先客のおっちゃん一名。

土曜日だから当然想定していなければいけない問題ではあったが、

何も考えていない平日釣り場独占が癖になってた私。

龍魚氏と相談して、砂浜に入る。

元気いっぱいの龍魚氏にはついていけない。

砂浜を歩くだけで、ハアハア、ゼイゼイ。

荷物を降ろすと、竿より先にコンパクトチェアを開き、休憩。

Photo ヨロヨロと龍魚氏の本格2本セットの隣に

お気に入りのインプレッサを

5号オモリちょい投げ仕掛けを組んで

遠投っ!

150メートル。(大嘘っ!)

Photo_2

出勤前に乱入頂いて

お初にお目にかかったのは

あの『ヨコちゃん』さんだっ!

お見事な釣果「かわはぎセット」を

見せて頂いた。

Photo_3 そうこうしていると

うっりー氏合流っ!

うっちー君は自宅から、

マイイスを持参しての参加です。

   (これまた、大嘘っ!)

Photo_4 ちょっと真面目にしようかしら?と

インプレッサと飛竜の2本セットとする。

ねえ?ガッシー君?

どこが真面目なの?

別に投げ釣りをバカにしてなんていませんので・・・。

Photo_5

その、一生懸命さに応えてくれるのは

グジグジと元気いっぱいの

フグブラザーズっ!

仕掛けごと噛み切られて大変です。

竿先の揺らし方かたして・・・、下品です。

Photo_6 あれっ?

龍魚氏が何かしています。

石油でも掘ってるのかしら?

ボクもご相伴にあずかろうと

こっそりと背後から近づきます。

Photo_7 あさりを手にしてにっこりの龍魚氏です。

しっかりと睡眠不足を補い、

昼過ぎに納竿としました。

本日は16時までに帰ることを子ガッシー2号に約束しています。

僕らが竿を上げると

待ちかねたかのように・・・。

Photo_8 Photo_9

お昼過ぎから、一気に人が増えました。

潮の干満、よく調べてらっしゃるのですね。

皆さん、楽しいこと、やっぱり、よくご存知ですね。

フィッシングシンクタンクの投げ釣り大会

『泉南でカレイを釣ったあんたがえらいっ!』選手権大会は

次回、秋に開催予定です。

秋には、フィッシングシンクタンクの投げ釣り猛者が登場するか?

宜しければ、投げ釣りに興味のある方はご一報下さいませ。

本日の釣果

Photo_11

クジメ君18センチ

09年度釣果

メバル   ×   6匹

ワカサギ  ×  90匹

クジメ   ×   1匹

09年度納竿釣行まで

あと90回っ!

再見!!!

| | コメント (4)

2009年4月10日 (金)

無罪っ?死刑っ?

最近、ちょっと考えさせられた本だっ!

考えながら、何度も読み返し、結構あちこち持ち歩いた。

あちこちでちょっと読んで、ちょっと悩んで、また、ちょっと読む。

Photo_12 先日、樽井で釣りしながらも

半分寝ながら読んでいた。

ストーリーは簡単だが・・・。

そんな本を今日は紹介してみよう。

これだっ!

Photo_13 陪臣法廷  楡周平(にれ しゅうへい)

講談社文庫  本体695円(税別)

2009年3月13日第1刷発行

裁判員制度がもうすぐスタートする。

ボクの周囲では

ガッシー♀のお友達の個人開業医を旦那に持つ奥様が選ばれたくらいで

釣り仲間では、幸いにも、誰もが選に漏れた模様だ。

ボクが選ばれていたなら(選ばれはしまいが・・・。)

死刑制度に賛成の僕なら、何でも死刑だっ!

この本はストーリーは簡単だ。

ある事件を起こした少年を

『無罪』とするか?『死刑』とするか?

決めるのは陪審員である、あなただっ!というストーリー。

いつものように、ほとんどを書いてしまうので

読むかも?という人は以下を読んではいけないっ!

スラムで過ごしていた女の子パメラが

アメリカの社会的地位にある子供の出来ない夫婦に養女として迎え入れられる。

アメリカに密入国して来た女の子が、雨風、食べ物に困らない、

しかも、学校にまで通うことが出来る、夢のような生活。

誰もが、女の子は両親に感謝でいっぱいと思う生活だ。

が、

婦人が夜勤に出た嵐の晩、養父から性的虐待を受け、

それから、婦人の夜勤の度に虐待を受ける日が3年間続く。

パメラは養母にも家庭の崩壊が怖くて言い出せず、

高校には寮のある女子高への入学を希望したが、

養父から、「家族がようやく落ち着いて来た時に、離れ離れになるのは・・・。」

とのもっともらしい説得を受け、養母は「その通り」と

近所の高校への入学を決められた。

内心、学校はどうでも良かったのだが、単に、養父のいる家から出たかっただけだ。

誤解の無いように書くが、家族でいることには感謝している。

単に、養父からの性的虐待を受けたくないだけだ。

隣に住んでいるのは、日本人の3人家族だ。

父親、母親、パメラと同い年の研一。

父親は優秀な医者であったが、理想が高く、学会、派閥を重んじる周囲との軋轢があり、

日本を脱出してきた。やせっぽっちの研一ではあるが、空手の有段者だ。

他の生徒の前で、瓦数枚を割るデモンストレーションのおかげでいじめにはあっていない。

優秀な彼は中学卒業後、優秀な高校への入学が決まっており、将来が有望されている。

中学卒業前のパーティを目前に・・・、

「殺したいほど憎んだことがあるか、ないか。」

そんな話の流れから、

パメラは研一に、養父から性的虐待を受けていることを打ち明けてしまう。

お互いに、好きあってはいるが、

お互いにそのことの打ち明けはしていない。

当然、二人の間にはキスすら無い。

研一は、パメラの代わりに養父を殺すことを計画する。

パメラから、養父の部屋には防御用の拳銃があることを聞き出した研一は

それで、養父を撃ち殺すことを考える。

サイレンサーを自作してまで・・・。

パーティの夜、決行。

が、

計画は途中、一部失敗があり、殺すことには成功したが、

研一は現行犯で捕まってしまう。

さて、

ここまで、

読んだ陪審員のあなた。

研一は有罪ですか?

それとも、

無罪ですか?

話の中では、いろんな陪審員がいろんなことを云う。

当然だっ!

まずは

有罪とする陪審員の説。

  撃ち殺したのは、間違いないではないか?

  現場で捕まっている。

  硝煙反応は手袋にある。

  養父の血や脳漿が研一にこびりついている。

  駆けつけた警官の「君がやったのか?」の問いに「はい。」と答えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無罪とする陪審員の説。

 まず、殺意の発端は養父のパメラへの性的虐待ではないか。

 それさえ無ければ、研一がパメラの養父を殺害する理由は無い。

有罪とする陪審員の説

  性的虐待は関係無く、実際に殺したのは彼ではないか?

  性的虐待をしていた養父の罪は、また、これとは別件で審議が必要であり

     本件とは無関係だ。結果として、彼が撃ち殺したことに変わり無い。

  仮に、性的虐待が発端であったとしても、殺すことは無かったのでは?

  他に性的虐待を回避する方法はいくらでもあっただろう?

無罪とする陪審員の説

  社会的に立場の優位な養父が性的虐待をしていると周囲の人に認めてもらうには

  非常に、困難な状況であり、また、その為には、パメラは養母に養父と肉体関係が

  あることを告げなければならず、母を悲しませたくないとの想いが強かった。

研一の父親の想い

  研一が人を殺したのは安易に銃が手に入るアメリカにいたからだ。

  日本にいたら、相手を殴り殺したり、ナイフで刺したりを考えたりすらしていない。

  もし、自分が、日本の医学会に失望してアメリカにさえ来なければ、

  研一がアメリカで殺人を犯すことは無かったのでは・・・。

アメリカには『少年法』など無い為、今回の研一の名前、写真は既にTV、雑誌など主要メディアで連日報道されている。各メディアでも『有罪』『無罪』の論評は割れている。

これだけ、顔写真入りで報道されていれば、いくら優秀な研一でも、当初、彼が希望していた進路に進むことは不可能である。社会的制裁はもう受けているのでは???

いや、彼は日本人だ。日本に帰れば、少年法に守られて、何も無かったかのように過ごせるだろう。それでは、不公平だ。

ガッシー注;

以前の日本であれば、それもあったか?が、あのサカキバラ事件の時でさえ、

犯人サカキバラは「少年A」とされていたが、本名が「あづま」であった為、

全然伏字ちゃうやんとネットではちらほらと・・・。

そのちょっと前には、中森明菜が♪少女A♪を歌っていたが、当時、「少女やったら、A子やん?」などと云われてもいたが、今、女の子で○○子という子が何人いるのか?

すんません。話が脱線しました。ちょっと、酔っ払って来ました。

で、陪審員の一人に日系人がいたりする。

その人の『日系人』としての過去も左右する。

弁護士は、空手の有段者の研一が、格闘技で優位に立つ為に身体を大きくしようと

ステロイドを服用していた点に着目し、殺人当時、ステロイドの影響で精神が高揚し

精神が平常の状態ではなかった。だから、無罪だとの論点に重点を置く。

有罪とする陪審員の説

ほな、何かいっ?クスリやっとって、精神病んどったら、何してもええって云うんかいっ?

ほな、ワシがクスリやって、おどれの娘撃ち殺しても、おどれはワイを無罪って云うんやなっ!

     これこれ、ガッシー君、酔っ払って、表現が厳しいですよ!

で、

結局、

有罪なのか?

無罪なのか?

これは、この本を買って、何度もじっくり読んだ僕が云いますが・・・、

「有罪」と云われても、「無罪」と云われても、

はっきり云って、どっちもどっちですわ。

この物語で、どっちになったのか?

知りたい人は、お買い上げ頂いて読んで頂くか?

ボクにメールで「どっち?」

って聞いて頂ければ・・・。

ボクは、個人的に

                『   ギルティ   』

とさせて頂きました。

意見は、いろいろあると思われますが・・・。

とりあえず、今回は、ボクは選ばれませんでしたが、

選ばれたら・・・、

                大変ですわ。

再見!!!

                    BGM   ♪   雨上がりの空に   ♪

                                   東京60WATTS

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

難しいっ!ボケ突っ込みっ!

最近、妙に、ツボにはまってしまっている。

滅多にTVは観ないのだが・・・。

この人達だっ!

Photo M-1チャンピオンの人達ではなく、

彼らがお気に入りだっ!

僕は関西人らしく、ノリ突っ込みは得意とする点は

時々、ブログ上でも披露させて頂いていますが、

ボケ突っ込みは・・・、一人で書くには難しい。

って、誰と一緒にブログ書くんだよぉっ!

お前とだよぉっ!

お前って誰だよぉっ!?

んっ?

全国8名のガッシーが行くっ!ファンの皆様とです。

再見!!!

                     BGM   ♪   横浜イレブン   ♪

                                  木ノ内みどり

| | コメント (2)

2009年4月 8日 (水)

上向くでっ!?

本日4月8日、あの人の経典が発布された。

久々に

なんか、

盛り上がってる気が

僕はしているのだが、気のせいだろうか?

んっ?

あの人ってって?

この人だっ!

この女性だっ!が正しいかな?

Photo 新聞全面広告は朝日新聞、

上に載せたのは

先週のAERAだっ!

僕は、つい、買ってまで読んだっ!380円

サザンオールスターズのいない09年の夏は

彼女が盛り上げてくれそうな・・・。

三重県には6月11日(木)

大阪には、8月19日~8月23日。

   (GWはもう間に合わんだろうしなぁ~。)

今年は、久々に、観に行こうか・・・。

ユーミンが動き出して、日本の株価が上昇したのは事実だし・・・。

またまた、来るかっ?あのバブル期っ!?

再見!!!

                  BGM   ♪   黄色いロールスロイス   ♪

                                松任谷由実

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

狂い咲きっ!

近所のお寺で枝垂桜が見頃との記事が新聞に載っていた。

こういう記事にはすぐ反応するガッシー家。

出掛けたっ!

Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6

樹齢約350年と推測されている、見事な枝垂れ桜だ。

こんなに見事な桜の木の下には

きっと女の人が埋められているに違いない。

きっと綺麗な女性に違いない。

などと思いつつ、

Photo_7 戸外で食べるご飯って

なんでこんなに美味しいのでしょうっ!?

山菜御飯が素敵です。

         

何故にこんなに心奪われてしまうのでしょうっ!?

再見!!!  

                  BGM   ♪   どうやって忘れよう   ♪

                              DREAMS COME TRUE

 

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

シュワッチっ!

一気にいい天気になった今日、

メルセデスを走らせながら窓を全開にて風を楽しむ。

のどが渇いた。

いつもなら、麦茶かコーヒーを持参してるのだが、

今日は油断してた。

忘れた。

自動販売機、発見っ!

Photo 最近見掛ける、安売りの自販機。

この自販機は110円均一だった。

コーラが飲みたかったのだが、

目に付いたのは、これだっ!

柄の種類は7種類。

出て来たのは、これだっ!

Photo_2 ウルトラマンエース柄が

ご所望だったのだが・・・。

ブツブツ云いつつ、

のどの渇きには我慢出来ない。

プルタグを引くっ!

        『   シュワッチっ!   』

と効果音が流れた。

そんなはずはないっ!

普通に「プシュっ!」と音がした。

のどを鳴らして、グビグビ飲んだっ!

懐かしいラムネ味だった。

のどの渇きが癒されたのは

3分間だけだった。

            んなワケ無いだろっ!

再見!!! 

                       BGM   ♪   青春の坂道   ♪

                                     岡田奈々

                                   

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

ねずみっ!?

毎朝、コーヒーとともに朝日新聞を読む。

今朝も、いつもと同じだった。

一面から読む。

トップ記事の次は天声人語だ。

今日の、天声人語にはビックリした。

ええええええええ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っ!

そんなこと書いていいのかいっ?

朝日新聞の購読者でない人にはわからないだろう。

これだっ!

Photo 前半部分には東京上野動物園の

苦戦が書かれている。

昨年より60万人少ない290万人に

とどまったとの記述だ。パンダの不在が

大きく影響しているらしい。

石原都知事は「世界は狭くなった。

いる所に行って見てきたらいい。」

なるほど、彼らしい説だ。

で、

天声人語だっ!

あの、世界のアイドルを

   『天寿も定年もない「80歳のねずみ」』がでずっぱりだ。

との文章で締めている。

キャラクターを、イメージを大切にすることにかけては世界有数のD社のアイドルを

こんな風に書いてしまうなんて・・・。

かつて、とん○るずの石○貴○が

「あんなもの、ただのねずみの着ぐるみだろうがっ!」

とTVで吐き捨て、一生出入り禁止になったと聞いた。(今は知らんが・・・。)

さらっと聞き流すのか、それとも・・・。

北朝鮮の情報と同時に

こちらのニュースも気にしていようっ!

              暇なのか???

再見!!!

               BGM   ♪   このまま君だけを奪い去りたい   ♪

                              DEEN

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

ストロベリーナイトっ!

外回りでちょっと時間を間違えて、1時間半ものアイドルタイムを作ってしまった。

身体に悪いのは重々承知だが、マック某店にて時間つぶしをした。

Photo 買ったまま、『外回り用かばん②』に入れたまま忘れていた文庫が一冊。

まさに、『外回り用かばん②』での出撃であったのが幸いした。

隣から漂う煙草の煙に辟易しながらも、

一気に読んだ。

これだっ!

Photo_2 ストロベリーナイト   誉田哲也(ほんだてつやと読む)

 ( 僕はこれを書くついさっきまで「ほまれだ」だと思ってた)

光文社文庫  667円+消費税

云うことは700円だっ!

高価いかっ!

いやいや、高価くは無いよっ!

 注;勝手な当て字で申し訳ないが、今後、高価い=たかいと読んで頂きたい。

     当然、そんな「読み」は無いのだが・・・。

で、

これから、この本の筋を語る。

もし、

読んでみようか?

思われる方は、

ここから先は

    読むなっ!

              700円払って

               買って、読もうっ!

               ブックオフではなく、

                買って読もうっ!

                 それが、誉田哲也さんへの敬意だっ!

                        当然、今日は釣りの話は出ないっ!

                 

ネタばれだが、この本の素晴らしさ、

                        書いちゃおうっ!

あくまでも、

ひょっと、読んでみようか?

と思われる方は、以下読んではいけないっ!

主人公は姫川玲子

ノンキャリアで異例の出世、27歳の若さで警部補に昇進し、警視庁本庁配属となり

 捜査一課殺人犯捜査係の主任である。

軽いセクハラなどもあり、その軽妙なやり取りは一種独特のリズム感を生み出し、

一気に読めるスピード感だっ!

が、

エグい表現もいっぱい出て来る。

たとえば、こんなのだっ!

ご飯前の方は読まずにいようっ!

僕が釘バットを取り上げると、音がしたからだろう、その人はハッとこっちを向いた。気配から何かを知ろうとしている感じだ。口がモゴモゴしている。身をよじって体勢を変えようとする。でも、それは、無理。けっこうガッチリ縛ってあるみたいだから。

僕は野球はほとんどやったことなかったけど、見様見真似、おっぱいをボールだと思って、力一杯スイングしてみた。すると、ブリッというか、ゾリッというか、上手いことバットはおっぱいの上を叩いて、ごちっと顎で止まった。

「ンムゥゥゥゥーッ」

(中略)

 左のおっぱいは、ひと口齧ったトマトみたいに、上がごっそりなくなっていた。右のおっぱいは、ちょっと切傷ができただけ。バットを持ち上げると、乳首のついた皮がぶら下がっていた。たらたらと真っ赤な血が、まるで元の場所に戻りたがるみたいに、胸の傷口に垂れていた。見ると、血の赤が上半身に広がり始めていて、とても綺麗だった。髪は灰色じゃなくて薄い茶色だった。

こんな異常な殺人鬼の描写が時々延々と続く。

映像で、想像すると・・・。

で、本を読みながら、映画監督になりきるのが好きな僕としては

今回、一番、映像にこだわりたい文章はこれだっ!

主人公玲子が裁判所で答弁する場面だっ!

 裁判官に何か注意された気もしたが、玲子の耳にはまったく入ってこなかった。

「そんなことあるわけないじゃないッ。あなたに奥さんはいないの?恋人とかお姉さんとか妹とかはいないの?その人があたしと同じ目に遭っても、あなたは本気で、合意の上だったんだろうなんていえるの?あなたは佐田さんに、覚悟があったんだから死んでも文句ないだろうなんて、面と向かっていえるの?佐田さんの家族に、いえ警察の人全員に、死んでも文句ないだろうなんて、本気でいう覚悟があんたにあんのかって訊いてんのよッ!」

 玲子を取り押さえようと、左右から係員が飛び出してきた。が、なぜだか、彼らは、途中で足を止めた。彼らは玲子ではなく、背後の傍聴席に目を向けて立ち止まっていた。

 何事か。玲子は、ゆっくりと振り返った。

 最前列中央には、玲子と佐田の両親、他の被害者やその家族が座っている。だが、それ以外。何十という傍聴席にいた人たちは立ち上がり、玲子に敬礼をしていた。

 玲子の病室を訪れた刑事もいる。玲子を助けてくれたあの制服警官もいる。他にも知った顔、知らない顔、スーツ姿、制服姿、男、女。彼らは全員警察官だった。被害者家族以外の席は警察官でびっしりと埋まっており、今その全員が立ち上がり、玲子に敬礼をしていた。ある物は歯を食い縛り、ある者は涙を堪え、またある者は怒りに肩を震わせ、だが全員が、玲子に敬礼しているのだ。

ーーーーーーーこれが、警察・・・・・。

鉛のように重い、だが温かい波動が玲子を包んだ。その波動は玲子を取り囲むと、分厚い壁となって立ち上がった。まるで、玲子を守ろうとするかのように。

ーーーーーーーこれが、警察!

凛とした映像を撮りたいと思わせる場面だとは思わないか?

格好いいじゃないかっ!

あえて、最後まで語らないが、

誉田哲也

格好いいじゃないかっ!

実は、昨日読み終えた僕は

今日、お気に入りの本屋へ行った。

3冊の誉田哲也の文庫を2000円と数百円を支払って購入した。

一冊を、今日、一日で一気に読んだっ!

もう一冊と思うか、まだ一冊と思うか。

あと2冊を読んだら、

また、紹介するかもしれない。

誉田哲也

この春の出逢いは素敵だった。

再見!!!

                     

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »