« またまたキス釣りっ! | トップページ | 山へ芝刈りに行って来ましたっ! »

2006年6月 9日 (金)

あおってしまいましたっ!

パソコン 『メビウス君』が入院中。

夜のお供がいなくて、ヒマで、ヒマで・・・。

フィッシング○○クタンクのみなさまが

何を?

どこで?

誰と誰が合流して?

どこで、ええのん、釣ってるのか?

さっぱりわからず淋しい日々にも慣れつつある今日この頃。

6月7日13:01
仕事中に竹やン隊長からメール。久し振りっ!すぐに反応してしまうっ!

なになに・・・?

えっ!金晩出撃っ!TAKAさんとっ?

どこ?

えっ?大川っ?(大川ってどこ?行ったことない?)

すぐに返信のメール。

行こうかなぁ~?どうしようかなぁ~?

今晩一人でキス釣りに行くしなぁ~。

土曜日仕事だし絶対ありえないけど、せっかくのお誘いだしなぁ~。

行ったこと無いとこだしなぁ~。

え?

怖いとこですのん?

(仕事中に延々竹やン隊長とメールのやりとり。) ← いいのかっ?

そっかぁ~、大川って怖い所なんや。

じゃ、逆にこんな時じゃないと怖がりのガッシーには無理ですね。

「行きまぁ~っすっ!」

 行きますメールを返信してしまいました。

でもなぁ、ガッシーにとって、6月度は忙しい月なのですよ。

いいのか?

てなことを云いつつも、

6月9日、いつもよりかなり早く

会社を抜け出し、深日港を目指します。

あれ?

誰もいないや・・・?

竹やン隊長にメールを打ちます。

「集合場所ってどこでんの~?」

と、

シートを倒して寝転んでいると、

バオ~ん、

     ギュッ!

          バンっ!

と車の停まる音。

見覚えのある車。

TAKAさん師匠の登場です。

倒してたシートを戻し、ドアを勢いよく開けて、ご挨拶っ!

「どうも~~~~。」(ガ)

「あれ?ガッシーさんだけですか?さいは20分ほど遅れるそうですわ~。」(T)

うわぁ~、二人きりでTAKAさんと喋ってます。

実はこの人と実際に会うのは2回目なのですが・・・。

前回も5分も喋ってないですから・・・。

ネット友達って不思議です。

「パソコンが壊れましてね。」(ガ)

「みなさんが何をしてるのか、わからんで困ってます。」(ガ)

「PEを買いましてね。」(T)

「ほう?」(ガ)

「0.6号買ったんですけど、高かったですわぁ~。こないだ休みに近くの武庫川で練習したけど、 あんまり飛びませんでね・・・。」(T)

「絶師匠の飛距離は半端じゃおまへんで。こないだの『ウキキス』の時、隣で「ブヲン」てな音で竿降られてびっくりしました。」(ガ)

「どんなもんでした?」(T)

「60か70くらいは軽く飛んでましたで・・・。」(ガ) ←このあおりで、

                     TAKAさんは・・・。

そののち、竹やン号到着っ!

「どうも先日は・・・。」などと喋っていると『さい号』到着。

「あっ!関○りの二人が集合やっ!」などと訳のわからないコメント。

「さい号」「ガッシー号」「竹やン号」「TAKA号」の順番で一路大川まで。

着きましたぁ~。ここが噂の『潮騒』です。
(今回ガッシー得意の携帯写真はありません。なんで?とは聞かないでっ!)

到着後3分で「さい」「ひろかず」「ガッシー」

やや遅れて「TAKAさん」が臨戦態勢完了っ!

お喋りしながら、のんびりの竹やン師匠のさらに師匠は我々を見て、

ぎょっ!

「なにもんやっ!こいつらはっ?」って思ったでしょうね。

「のんびりでいいですよ~。」といいつつ4人で先日のひろかずさんの

「年無し」で話題が広がる。

「ええノン釣ったそうでんなぁ~。」とか云いつつ各自の胸の中には

「今日は俺が、俺だけが、釣ったるっ!」(確認しませんでしたが絶対そうです。)

さあ、サッカー部コンビを先頭に山道を下りますが、

中盤を降りていたガッシーは

あっ!

というまに遅れをとります。

途中で山道を転げ落ちそうになり、後ろで竹やン隊長が

「大丈夫?」と大きな声を掛けてくれます。

どっち曲がったンやろか?

とキョロキョロすると、遥か下のほうで声がします。

「こっちかいな?」

とキョロキョロしてると

ホタルの大群が眼の前に  ぼあぁ~

非常に美しい光景でしたが、いつまでも眺めているわけにはいきません。

ようやく、下のほうで波の音が聴こえて来ます。

ぜーぜー云いながら浜に下りるともう既に

サッカー部コンビは左の遠くの浜にヘッドライトだけが見えます。

体力の無いガッシーは降り口すぐに道具を下ろして店開きです。

で、

しまったぁ~っ!昨日買ったウキ忘れました。

いつものウキしかポケットに入っていません。

まぁ、しゃーないかで仕掛けを作り投げてみますが

案の上10~15メートルしか飛びません。

終わったな。今日は・・・。

そんなこんなで足元で、ポッチャン、ポッチャンやってると

右方向の浜にいた竹やン隊長が私を通り越して左の浜へ入ります。

月が煌々と浜を照らします。

ポッチャン。

ポッチャン。

ポッチャン。

気力も集中力も無くなった頃に竹やン隊長がナイスタイミングで遊びに来てくれます。

「ガシラが釣れました。」(竹)

「ほな、ワテもいきまっさぁ~。」(ガ)

クーラーと竿ケースを残したままで、竹やン隊長のさらに左へ入ります。

あれ?

山道降りたところ周辺は比較的大きな石で立ってるのもしんどかったですが、

ここら辺は「ジャリ」と云ってもいいくらいで、先日のキス釣りでフクラハギを

痛めているガッシーには優しい釣り場です。

ウキ釣りを止めて、チョイ投げに変更です。

根掛かり。

      根掛かり。

             根掛かり。

                     根掛かり。

                            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

仕掛けがどんどん無くなります。自分で巻いたハリはあっというまに無くなりました。

ポケットから前回のキス釣りで巻いたハリが出てきました。

「どうせ根掛かりならこれで充分やっ!」

半泣きのガッシーはあきらめ気分で投げてみました。

トン。コン。ゴツン。ユラユラユラ~。

やりましたっ!手の小さなガッシーの片手オーバーのガシラ?です。

竹やン隊長っ!やりましたでぇ~っ!

と報告に行きます。

「これガシラちゃいまっせっ!ソイちゃいますのんっ?」(竹)

「えっ!ソイでっか。ほんまやぁ、ガシラと柄が違うっ!」(ガ)

腰のビニール袋に『ソイ』を入れてTAKAさんを表敬訪問。

「どないでっかぁ~?」

リールを巻き巻きしてるTAKAさんに声を掛けます。

「テンション掛けながら巻かないと絡まっちゃうんですよ。PEは。」(T)

「飛びまっかぁ~。」(ガ)

「飛びますねぇ。いいですよ。PEは。」(T)

次の投げの動作に入ったTAKAさんの左で半歩下がって飛距離を見守る。

右耳の後ろのほうで

「ブっ!」

という鈍い音とともに眼の前をウキが120cmほどの高さで飛んで行く。

10mほど沖合いで電気ウキがゆら~り、ゆら~り。

「ちっ!」

という舌打ちと同時にTAKAさんが仕掛けの作り直しを始めます。

その背中に声すら掛けられずに、ガッシーは浜で月を見つめて固まっています。

月が浜辺を煌々と照らしています。

ようやく意を決してTAKAさんの背中に声を掛けてみます。

「すみませんでした。」(ガ)

「あぁ、いえいえ。」(T)

「家族分のガシラを釣りに戻ります。」(ガ)

浜を釣り場に戻りながら反省しますが、明らかにTAKAさんに力を入れさせたのは

ガッシーの存在でした。

釣り場に戻って小さなガシラを2匹連発で上げた所で「アタリ」が全く止まってしまいます。

月が隠れてから気がついたのですが、

沖合い40~50メートルほどのところを

「青白い」ではなく、「緑白い」物体が泳ぎ回っています。

「なんやろ?あれ?」

ぼちぼち明るくなってきました。

本日も仕事です。

帰って出勤しなければ。

竹やン隊長に挨拶して、TAKAさんに挨拶して、

竹やン隊長の師匠にご挨拶して帰ります。

(え?今日仕事?なにもんやっ!こいつっ?って隊長の師匠は思ったでしょうね。)

一人でハードな坂を登ります。

が、

途中で左に曲がらなければいけない場所を通り過ぎてまっすぐ行ってしまいました。

5分ほどまっすぐ登ったところで「おかしい」と気がつきました。

「石段が無いっ!」

「確か、ホタル見た後石段降りたぞっ!」

あせりながら、周囲を見渡しますが、山の中は真っ暗です。

ヘッドライトも役に立ちません。

坂道がしんどかった為うつむいて登ってきたのが曲がり角見落としの原因と思われます。

「わからんかったら、浜まで降りようっ!」

決意して、今来た道を降りて行きます。

視線を高くしながら降りたため、今度は石段を発見しました。

ゼーゼー云いながら、坂を登ります。

「これが噂の滑り台かぁ~。」

行きには気がつかなかった 『例の物』 に帰りには気がつきました。

26号線に向かって走っていると

太陽が大きく、赤く、登ってきます。

今日は一日が長そうです。

本日の釣果

Vfsh0267

ソイ21cm

ガシラ16cm・17cm

これって「ソイ」ですか?
誰かさんのHPでは「タケノコメバル」の声もありそうな・・・?

再見!!!

                             BGM  ♪ Summer Magic ♪

                                       MORISHINS




















      

|

« またまたキス釣りっ! | トップページ | 山へ芝刈りに行って来ましたっ! »

コメント

あの時はみんな準備が早かったですねぇ。
私の師匠がのんびりだったのでみんなの視線を気にしてしまいました(^^;
狙いのメバルは釣れなかったですけど
ゴロタの遠投は楽しめました。
あれから更なる遠投を求めて
ただいま遠投電気ウキを自作中です(笑)
果たして実釣で使えるかどうか・・・。
また行きましょう!

投稿: 竹やん | 2006年6月21日 (水) 00時57分

はい♪
ソイで正解。

クロソイとか、ムラソイとか・・・
しらん(笑)

投稿: ぜっちゃん | 2006年6月21日 (水) 08時30分

>竹やン隊長
今度は忘れ物無しで頑張りますっ!
自作ウキもまた教えて下さいね。
土曜日曜の仕事はハードでしたが
楽しかったです。
また誘って下さいっ!

>絶師匠
クロソイかと私は思っていましたが…?
ガシラとソイは微妙な味の違いが楽しめて
おいしく頂きました。

投稿: ガッシーF | 2006年6月21日 (水) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171120/10601287

この記事へのトラックバック一覧です: あおってしまいましたっ!:

« またまたキス釣りっ! | トップページ | 山へ芝刈りに行って来ましたっ! »