« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

祝っ!竹やン隊長っ!

                 番組テロップ

          2006 FTT キスつりたい会

                                   提供  岳○社

  「おはようございます。FTTテレビのキャスター真紅短子です。」

「先ほど2006年度のキスつりたい会が終了した模様です。約10時間に渡った熱戦を

解説の『酋長』さんと振り返ってみたいと思います。」

「酋長さん、宜しく御願い致します。」

「宜しくっ!」

「え~、あっ!?申し訳ございませんっ!、

たい会の模様をハイライトでお届けしようと思ってましたが、

只今、放送席に魚を捌き終わったガッシーさんが来てくれました。」

「ガッシーさん、残念でしたね。今の率直な気持ちをどうぞっ!」(短子)

「非常に眠たいです。残念でした。自分の力の無さを痛感致しました。」(ガ)

「具体的に「どこ?」というのはありますか?」(短子)

「全部ですよっ!釣りに対して取り組む姿勢の甘さが如実に出た一夜でした。

 まあ、逆に、これがフィッシング○○クタンクの大会だということですよ。」(ガ)

「どこらへんが勝負の分かれ目だとご自身では分析されていますか?」(短子)

「自分の中で「キス釣り」に対し少し慢心が出てきた所に、TAKAさんから小杭を誘われて

完全に油断したというのが現状ですね。ただ、やはり、チョイ投げのスペシャリスト

竹やン隊長はベストの状態でたい会に望んでいました。最後まで集中力が途切れなかったように見受けました。見習いたいところです。」(ガ)

「7月度の例会に向けて、どのような準備をしていきますか?」(短子)

「特に、「これっ!」というのは今はまだ無いですが、気持ちを切り替えて、

モチベーションを上げて行きたいと考えています。」(ガ)

「最後にテレビの向こうの方に何か一言をっ!」(短子)

「応援ありがとうございました。やはり竹やン隊長は強かったです。」(ガ)

「お疲れの所ありがとうございました。」(短子)

「ありがとうございました。」(ガ)

「非常に魚臭いガッシーさんでした。それでは一度CMをどうぞっ!」(短子)

                     CM

                 TAKAの波止ウキダイアリー
               
好評、大増刷中っ!

「それでは、改めまして、たい会の流れを酋長さんから解説を頂きましょうっ!」(短子)

「まず最初の印象としては、ガッシーさんも前半は悪く無かったですよね?」(短子)

「悪く無かったですよ。『小杭』を選択したという点に関してだけ云えば・・・。」(酋長)

「そうですよね。『神谷漁港」を選択した竹やンさんは結果から見るとほとんどノーポイントでしたよね。」(短子)

「ただ、ガッシーさんはこの段階で大きな選択ミスをしていたのです。」(酋長)

「と言いますと?」(短子)

「竿がいつもより長く、硬い竿を選択しておりました。」(酋長)

「それは、ガッシーさんのお気に入りのダ○ワ社の飛○ですね。」(短子)

「今回のたい会は非常にキスの活性が低く、いいアタリは多数見られましたが、なかなか食い込まないというイライラした状態でもありました。こういうときはチョイ投げのスペシャリスト竹やンさんがやっていたようにラインの張りを緩めて食い込みしやすくするという技が必要でしたが、それに気が付く『釣り』の引き出しが無く、なおかつ、竿が硬めであった為アタリは多数いいのがあるが、なかなか針掛かりしないという状態に陥ってしまってました。」(酋長)

「途中で穂先のガイドを飛ばしてしまったのも大きなミスでしたね?」(短子)

「あれで車に戻って竿だけを交換すれば良かったのですが、彼はトランクのクーラーを

開けて、ビールを飲んでしまったからなぁ~。」(酋長)

「酋長さん、彼はいつも発泡酒でしたが、昨夜は第三のビールでした。」(短子)

「ビールを飲むまでは、隣のTAKAさんと非常にいいペースでした。TAKAさんがキスを一匹上げれば、遅れじとガッシーが『ゴンズイ』を上げるといったペースでした。」(酋長)

「ただ、阿○に移ってからは一気に差をつけられてしまいました。」(短子)

「これは、ガッシーさんがお疲れモードに入った所で、逆にスパートをかけた

竹やン隊長を褒めるべきでしょうっ!}(短子)

「発泡酒のせいでしょうか?ガッシーさん珍しく波止の上で寝てましたもんねぇ~。」(酋長)

「まぁ、最終的には阿○漁港のポテンシャルの高さを信じた竹やンさんが

自分のありとあらゆる引き出しを開けて、キスを取り込み、夜明け前までの遅れを

阿○漁港で一気に取り返したという、竹やンさんのチョイ投げのレベルの高さだけが

際立った大会であったというのが私の総括ですね。」(酋長)

「今回、珍プレーが一件発生しておりましたので報告しておきます。」(短子)

「ええっ?そんなのあったけ?」(酋長)

「大物賞も24.5cmを釣り上げた竹やンの独占であったのですが、たい会本部長つりぼうさんより、優勝者のを除く大物で賞をということで、つくちんさんとTAKAさんが21.7cmで同寸となり、ジャンケン決定となり、TAKAさん側は息子さんが出場されました。」(短子)

「ふむふむ、それで?」(酋長)

「つくちんさん、大人気無いことに、ジャンケン本気で、TAKAさんの息子さんに勝っちゃったんです。」(短子)

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」(酋長)

「まぁ、心配されていた雨も降らず、なかなか見応えのある

   フィッシング○○クタンク、2006年度キスつりたい会でした。

それでは、ハイライト映像とともに皆様とはお別れです。

次回フィッシング○○クタンク例会もFTTテレビでどうぞっ!

FTTテレビ、キャスターの真紅短子でした。

再見!!!

                       BGM  ♪  ほうき星  ♪

                               Mr.Children

Vfsh0274 Vfsh0275 

















Vfsh0276 Vfsh0277_1

↑阿○漁港大波止

Vfsh0279























Vfsh0273





















  (  ↑  この親子はひょっとすると・・・?)

  ( ↓ 試合に敗れたガッシーさんの釣果  )

Vfsh0280

































| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

いよいよですっ!

いよいよですっ

①いよいよですっ!あの憧れのフィッシング○○クタンクに逢えるのです。

 あの、動くフィッシング○○クタンクですよっ!

 ガッシーは93年からの「関西の○り」の愛読者です。

 地震等理由あって、98年からしか手元に残ってませんが・・・。

 あの人が眼の前で動くのですよっ!いよいよっ!

②え?

   寝ますよっ!

  当然じゃないですか?

 え?

「非国民?」

え?

勝ちますから、平気ですよっ!

ジーコが普通であれば・・・、

豪州戦の様に、  小野   だけをあの時間に投入する

舞い上がった  ジーコ  でなければ、

当たり前のように

3-1で

勝ちますので、

ガッシーは

寝ます。

③残念ながら、借りてたパソコンを

 a君に返さなければなりません。

 a君には「キス釣り大会」まで貸してくれっ!

24日の夕方には彼がとりに来るのだけれど・・・?

一日間違えたガッシー?

書けるのかえ?

釣行記?

書けると思う?としか

いつも通りの酔っ払いのガッシーは

ハッタリをかましています。

再見!!!

                     BGM  ♪  Doesn't   Really  Matter  ♪

                                Janette Jackson

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

山へ芝刈りに行って来ましたっ!

会社の上司、逆らってはいけない人から

「ガッシー君、21日の休みは身体を空けておくようにっ!」

との強制の業務連絡が入り、久し振りのゴルフが決定っ!

若手のエースシゲル君が朝6:00に迎えに来てくれる。

渋滞も無く順調に到着。

8:05スタートの予定を7:35スタートに繰り上げてもらう。

Vfsh0268



















グリーン練習場はこんな感じ。

8年振りのゴルフは非常に爽やか。

             (クラブに当たるのかしら・・・?)

練習場で怖い人が話し掛けてくる。

「ガッシー君は結構やるんだろ?」

「いえいえ、自己流ですわ。しかも8年振りです。」(ガ)

「そんなことはないだろう?」

「いえいえ、ほんまですわぁ~。最近は違うカーボンばっかり振っています。」(ガ)

「違うカーボンって?」

「釣竿ですわぁ~。そっちもなかなか上達しませんが・・・。」(ガ)

Vfsh0270


















さぁ、いよいよ、スタートです。(写真なんか撮る余裕があるのかしら?)

Vfsh0271



























最近フィッシング○○クタンクが伝染して夜行性のガッシーは

日差しが強くなるとドンドンスコアを乱します。

他の3人に付いていくのがやっとです。

Vfsh0272_1























前半はなんとかボギーペースで付いて行きますが、

後半は見るも無残の状態で

ヘロヘロガッシーでした。

えっ?

スコア?

それは聞かない約束じゃないっ!

再見!!!

                       BGM  ♪  Magic  Music  ♪

                                  木村カエラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

あおってしまいましたっ!

パソコン 『メビウス君』が入院中。

夜のお供がいなくて、ヒマで、ヒマで・・・。

フィッシング○○クタンクのみなさまが

何を?

どこで?

誰と誰が合流して?

どこで、ええのん、釣ってるのか?

さっぱりわからず淋しい日々にも慣れつつある今日この頃。

6月7日13:01
仕事中に竹やン隊長からメール。久し振りっ!すぐに反応してしまうっ!

なになに・・・?

えっ!金晩出撃っ!TAKAさんとっ?

どこ?

えっ?大川っ?(大川ってどこ?行ったことない?)

すぐに返信のメール。

行こうかなぁ~?どうしようかなぁ~?

今晩一人でキス釣りに行くしなぁ~。

土曜日仕事だし絶対ありえないけど、せっかくのお誘いだしなぁ~。

行ったこと無いとこだしなぁ~。

え?

怖いとこですのん?

(仕事中に延々竹やン隊長とメールのやりとり。) ← いいのかっ?

そっかぁ~、大川って怖い所なんや。

じゃ、逆にこんな時じゃないと怖がりのガッシーには無理ですね。

「行きまぁ~っすっ!」

 行きますメールを返信してしまいました。

でもなぁ、ガッシーにとって、6月度は忙しい月なのですよ。

いいのか?

てなことを云いつつも、

6月9日、いつもよりかなり早く

会社を抜け出し、深日港を目指します。

あれ?

誰もいないや・・・?

竹やン隊長にメールを打ちます。

「集合場所ってどこでんの~?」

と、

シートを倒して寝転んでいると、

バオ~ん、

     ギュッ!

          バンっ!

と車の停まる音。

見覚えのある車。

TAKAさん師匠の登場です。

倒してたシートを戻し、ドアを勢いよく開けて、ご挨拶っ!

「どうも~~~~。」(ガ)

「あれ?ガッシーさんだけですか?さいは20分ほど遅れるそうですわ~。」(T)

うわぁ~、二人きりでTAKAさんと喋ってます。

実はこの人と実際に会うのは2回目なのですが・・・。

前回も5分も喋ってないですから・・・。

ネット友達って不思議です。

「パソコンが壊れましてね。」(ガ)

「みなさんが何をしてるのか、わからんで困ってます。」(ガ)

「PEを買いましてね。」(T)

「ほう?」(ガ)

「0.6号買ったんですけど、高かったですわぁ~。こないだ休みに近くの武庫川で練習したけど、 あんまり飛びませんでね・・・。」(T)

「絶師匠の飛距離は半端じゃおまへんで。こないだの『ウキキス』の時、隣で「ブヲン」てな音で竿降られてびっくりしました。」(ガ)

「どんなもんでした?」(T)

「60か70くらいは軽く飛んでましたで・・・。」(ガ) ←このあおりで、

                     TAKAさんは・・・。

そののち、竹やン号到着っ!

「どうも先日は・・・。」などと喋っていると『さい号』到着。

「あっ!関○りの二人が集合やっ!」などと訳のわからないコメント。

「さい号」「ガッシー号」「竹やン号」「TAKA号」の順番で一路大川まで。

着きましたぁ~。ここが噂の『潮騒』です。
(今回ガッシー得意の携帯写真はありません。なんで?とは聞かないでっ!)

到着後3分で「さい」「ひろかず」「ガッシー」

やや遅れて「TAKAさん」が臨戦態勢完了っ!

お喋りしながら、のんびりの竹やン師匠のさらに師匠は我々を見て、

ぎょっ!

「なにもんやっ!こいつらはっ?」って思ったでしょうね。

「のんびりでいいですよ~。」といいつつ4人で先日のひろかずさんの

「年無し」で話題が広がる。

「ええノン釣ったそうでんなぁ~。」とか云いつつ各自の胸の中には

「今日は俺が、俺だけが、釣ったるっ!」(確認しませんでしたが絶対そうです。)

さあ、サッカー部コンビを先頭に山道を下りますが、

中盤を降りていたガッシーは

あっ!

というまに遅れをとります。

途中で山道を転げ落ちそうになり、後ろで竹やン隊長が

「大丈夫?」と大きな声を掛けてくれます。

どっち曲がったンやろか?

とキョロキョロすると、遥か下のほうで声がします。

「こっちかいな?」

とキョロキョロしてると

ホタルの大群が眼の前に  ぼあぁ~

非常に美しい光景でしたが、いつまでも眺めているわけにはいきません。

ようやく、下のほうで波の音が聴こえて来ます。

ぜーぜー云いながら浜に下りるともう既に

サッカー部コンビは左の遠くの浜にヘッドライトだけが見えます。

体力の無いガッシーは降り口すぐに道具を下ろして店開きです。

で、

しまったぁ~っ!昨日買ったウキ忘れました。

いつものウキしかポケットに入っていません。

まぁ、しゃーないかで仕掛けを作り投げてみますが

案の上10~15メートルしか飛びません。

終わったな。今日は・・・。

そんなこんなで足元で、ポッチャン、ポッチャンやってると

右方向の浜にいた竹やン隊長が私を通り越して左の浜へ入ります。

月が煌々と浜を照らします。

ポッチャン。

ポッチャン。

ポッチャン。

気力も集中力も無くなった頃に竹やン隊長がナイスタイミングで遊びに来てくれます。

「ガシラが釣れました。」(竹)

「ほな、ワテもいきまっさぁ~。」(ガ)

クーラーと竿ケースを残したままで、竹やン隊長のさらに左へ入ります。

あれ?

山道降りたところ周辺は比較的大きな石で立ってるのもしんどかったですが、

ここら辺は「ジャリ」と云ってもいいくらいで、先日のキス釣りでフクラハギを

痛めているガッシーには優しい釣り場です。

ウキ釣りを止めて、チョイ投げに変更です。

根掛かり。

      根掛かり。

             根掛かり。

                     根掛かり。

                            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

仕掛けがどんどん無くなります。自分で巻いたハリはあっというまに無くなりました。

ポケットから前回のキス釣りで巻いたハリが出てきました。

「どうせ根掛かりならこれで充分やっ!」

半泣きのガッシーはあきらめ気分で投げてみました。

トン。コン。ゴツン。ユラユラユラ~。

やりましたっ!手の小さなガッシーの片手オーバーのガシラ?です。

竹やン隊長っ!やりましたでぇ~っ!

と報告に行きます。

「これガシラちゃいまっせっ!ソイちゃいますのんっ?」(竹)

「えっ!ソイでっか。ほんまやぁ、ガシラと柄が違うっ!」(ガ)

腰のビニール袋に『ソイ』を入れてTAKAさんを表敬訪問。

「どないでっかぁ~?」

リールを巻き巻きしてるTAKAさんに声を掛けます。

「テンション掛けながら巻かないと絡まっちゃうんですよ。PEは。」(T)

「飛びまっかぁ~。」(ガ)

「飛びますねぇ。いいですよ。PEは。」(T)

次の投げの動作に入ったTAKAさんの左で半歩下がって飛距離を見守る。

右耳の後ろのほうで

「ブっ!」

という鈍い音とともに眼の前をウキが120cmほどの高さで飛んで行く。

10mほど沖合いで電気ウキがゆら~り、ゆら~り。

「ちっ!」

という舌打ちと同時にTAKAさんが仕掛けの作り直しを始めます。

その背中に声すら掛けられずに、ガッシーは浜で月を見つめて固まっています。

月が浜辺を煌々と照らしています。

ようやく意を決してTAKAさんの背中に声を掛けてみます。

「すみませんでした。」(ガ)

「あぁ、いえいえ。」(T)

「家族分のガシラを釣りに戻ります。」(ガ)

浜を釣り場に戻りながら反省しますが、明らかにTAKAさんに力を入れさせたのは

ガッシーの存在でした。

釣り場に戻って小さなガシラを2匹連発で上げた所で「アタリ」が全く止まってしまいます。

月が隠れてから気がついたのですが、

沖合い40~50メートルほどのところを

「青白い」ではなく、「緑白い」物体が泳ぎ回っています。

「なんやろ?あれ?」

ぼちぼち明るくなってきました。

本日も仕事です。

帰って出勤しなければ。

竹やン隊長に挨拶して、TAKAさんに挨拶して、

竹やン隊長の師匠にご挨拶して帰ります。

(え?今日仕事?なにもんやっ!こいつっ?って隊長の師匠は思ったでしょうね。)

一人でハードな坂を登ります。

が、

途中で左に曲がらなければいけない場所を通り過ぎてまっすぐ行ってしまいました。

5分ほどまっすぐ登ったところで「おかしい」と気がつきました。

「石段が無いっ!」

「確か、ホタル見た後石段降りたぞっ!」

あせりながら、周囲を見渡しますが、山の中は真っ暗です。

ヘッドライトも役に立ちません。

坂道がしんどかった為うつむいて登ってきたのが曲がり角見落としの原因と思われます。

「わからんかったら、浜まで降りようっ!」

決意して、今来た道を降りて行きます。

視線を高くしながら降りたため、今度は石段を発見しました。

ゼーゼー云いながら、坂を登ります。

「これが噂の滑り台かぁ~。」

行きには気がつかなかった 『例の物』 に帰りには気がつきました。

26号線に向かって走っていると

太陽が大きく、赤く、登ってきます。

今日は一日が長そうです。

本日の釣果

Vfsh0267

ソイ21cm

ガシラ16cm・17cm

これって「ソイ」ですか?
誰かさんのHPでは「タケノコメバル」の声もありそうな・・・?

再見!!!

                             BGM  ♪ Summer Magic ♪

                                       MORISHINS




















      

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

またまたキス釣りっ!

6月7日業務終了後、またもや一人、高速を走ってしまった。

お得意の小杭へと。(お得意というより『そこしか知らない』くせに・・・。)

今日は予定通り駐車場着と同時にビールをグビグビ。

                   (はいっ!発泡酒です。発泡酒。)

今日は疲れたのでとりあえず少し寝ますっ!

って、

だったら家で寝てろよっ!

1時間半ほど仮眠をとって、いざ、出陣です。

先日は『イカ釣り師』がいっぱいでしたら今日はガッシー一人です。

駐車場側手前の浜に降りてみます。

前回と全く同じ仕掛けで投げてみます。

ひゅーーーーん、

           ポチョン、

                  ジワジワジワ・・・、

                              クゥーン。

と一投目からいい調子っ!

前回と同じ仕掛けながら若干スムーズによく飛びます。

            ガイドにボナンザのスプレーしたのだよ。ふふふ・・・。

10匹ほど釣った後で、アタリが遠くなったため

奥の青少年センター前の浜へ移動。

岩場のすぐ右手で投げてみる。

ヒューーン、

       ポチョン、

              ジワジワジワ・・・・、

                           クッ!

あれ?根がかりです。あんな所にシモリありましたかね?

気を取り直して、少し右手に投げますっ!

ひゅーーーーーーん、

               ポチョン、

                     ジワジワジワジワ・・・、

                                       クッ!

またもや根がかり。

でも、前回のフグ攻撃が今回は全くありません。

笑顔で仕掛けを交換いたします。

ひゅーーーーーーん、

                  ポチョン、

                         ジワジワジワ・・・・、

                                     クッ!

あらまぁ~、青少年センター前は根がかりばかりです。

しばらくして、ようやく微妙に明るくなり、海面を見て納得。

青少年センター前は半円形にフェンスが張られています。

(フェンスっていうんですかね?海水浴場に張られてる奴です。)

今回微妙に飛距離が伸びた為、全て引っ掛かっていた模様です。

少し、セーブして、

投げます。投げます。

釣れます。釣れます。

が、約14cmほどと小さいのが3連発。

ここで場所移動決定っ!

(予定では夜が明けきるまではここで粘り、夜明け後の移動を考えてました。)

阿○漁港に行ってみたかったのですが、

今日は少しお疲れモードですので

絶師匠と待ち合わせをした

『鶏肉』の砂浜へと決定。

師匠が一匹ガシラを釣ってプレゼントしてくれたのが

どうも頭のどこかに引っ掛かっていて

いつかは行ってみようと考えてました。

竹やン師匠ご一行様と初めてお会いした駐車場に車を停める。

漁港から砂浜はこんなかんじです。Vfsh0258

Vfsh0259_1
















Vfsh0260 Vfsh0261



















Vfsh0262





















手前はご夫婦が釣ってらっしゃってたので

砂浜をテクテクと歩きます。

4枚目の写真のテトラとテトラの間を狙ってみます。

はぁぁぁぁ~~~・・・、

遠いです。

足が重いです。

テトラの左のほうはフグ・河豚・ふぐ・・・・。

テトラの右のほうで、

キューーーーーーーーーーン

とさりげなく、「クンっ!クンっ!」てな感じは、なんと小さな鯛です。

2連続で、小さな鯛が上がって、アタリも止まって・・・。

もう少し、右方向を狙うと

綺麗なボーダーのキューセン5連発っ!

あれ?

竹やン隊長っ!

鶏肉砂浜では、キス、ゼロっ!ですけど・・・。

釣果ですっ!

Vfsh0263




























気になったのは左上の魚?

Vfsh0264

















これ?なんていう魚ですか?

どなたか教えて下さいっ!

Vfsh0265



















キスはピンボケっ!12匹。(全て小杭っ!)

再見!!!

                  BGM  ♪ In The Name Of Love ♪

                        松岡直哉Group featurinng 阿川泰子






 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

関西の○り 7月号っ!

休みで部屋でゴロゴロしていると

13:38 絶師匠からメール。

「関西の○りが当選致しました。送付先を至急報告のことっ!」

そっかぁ~。

取材だったら掲載誌送ってくれるのかぁ~。

いよいよ発売の模様。

どんなのでしょう?

楽しみ楽しみ。

ワクワク・ドキドキ・・・。

再見!!!

                            BGM  ♪ 真夏の夜の夢 ♪

                                     スガシカオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »