« 太平洋を満喫したのだっ!(太地町編) | トップページ | タコ釣り?いえっ、キス釣りですっ!(2) »

2006年5月14日 (日)

太平洋を満喫したのだっ!(潮岬編)

おはようございますっ!!!

(みなさまが朝なのか夜なのか不明であるのにこのような挨拶で申し訳ございません。)
(話が朝からのスタートですのでご了承下さいませ。)

ではでは・・・・・・・・・・・・・・・・、

さあっ!本州最南端ツアーも2日目です!天気はどうでしょう?

窓を開けてみると

Vfsh0100_2 おかげさまで雨は上がりましたが

曇天です。

燈明崎が

ぼんやりと。

太地町の観光案内図です。

晴れてたら回りたい所ばかりです。

Vfsh0102_2

そういえば、昨日街のあちこちで「海抜」を表示した看板をたくさん見ました。

で、

このような看板が当たり前のように立っている。

Vfsh0101_3 自分が今海抜○mのところに

いるということを

自覚することの大切さ。

住む所によって

いろいろあるなぁ~と

感じ入ってしまいます。

太地町から潮岬まで一直線っ!と行きたいところですが、

昨日雨の中眺めただけに終わった

『橋杭岩』

をご紹介しておきましょうっ!

Vfsh0106_2 Vfsh0107_2

Vfsh0108_2 Vfsh0109_2

とても見事で、不思議な景観ですっ!!!

『橋杭岩』とは?

おせっかいですが、ご存じない方のために・・・。

その昔弘法大師と天邪鬼が串本から大島まで夜明けまでに橋を架ける競争をしました。
ところが夜明け前に天邪鬼がニワトリの「ときの声」の鳴きまねをし、
弘法大師が夜が明けたと勘違いし、その、未完に終わった橋の名残であると
言い伝えられています。

それにしても「弘法大師」というスーパースターは
一体いくつの「いわれ」「言い伝え」が残されているのでしょう?

と、

話が横にそれている間にガッシー号はどんどん南へ。

Vfsh0110_1 見難くて申し訳ないですが、

この信号を左折すると

いよいよ

潮岬です。

駐車場で300円支払ってテクテクと歩きます。

下の岩場で釣りをする人が見えます。

「どこにでもアホがおるなぁ~。」

とガッシー(♀)がつぶやきます。

ガッシー(♂)は聞こえないフリ。

Vfsh0111_1

この門柱を通る前に本当は料金を支払わなくてはなりません。

お金も払わず不法侵入の子ガッシー1号2号を

大声で呼び戻します。

Vfsh0112_1

Vfsh0113_1

Vfsh0114_1

ついに念願の「潮岬灯台」に到着です。

実は、ガッシーは以前四国に住んでいて
「室戸岬」「足摺岬」「佐多岬」を
制覇していて
潮岬も憧れだったのです。
当然
「襟裳岬」「宗谷岬」などは
究極の憧れです。

Vfsh0115

Vfsh0116

真っ白ですのでコンクリート製のように感じてましたが、
なんと、石でできているのですねぇ~。
(知ってました?ホント?ガッシーだけですか?知らなかったの。)

Vfsh0117

自慢しちゃってますねぇ~、串本町っ!

さあ、いよいよ灯台に登って行くことにしましょうっ!

階段の上の方から子ガッシー1号が段数を数えている声が聞こえます。

Vfsh0118 

Vfsh0119

階段を見上げると当たり前ですが、石で出来てまして、
「上手いこと作ってあるなぁ~。」
と感心してしまいます。

感心しながらも、さすがに息が上がってきました。
運動不足を痛感していると

Vfsh0120

そんな状態を見透かしたように、この表示。
見事です。
足元フラフラでピントもボケボケです。

Vfsh0121

さあ、ついに登りきりました。
あのあたりが

「本州最南端」

でしょうか?

Vfsh0122

写真では見えませんねぇ~。各磯には釣り人多数です。

ここでも横でガッシー♀が

「アホがいっぱいおるなぁ~。」

Vfsh0123

美しい灯台です。これでバックが青空だったらなぁ~。

Vfsh0127

いつまでも太平洋、灯台を交互に眺めていたいのですが、

ガッシー♀・子ガッシー1号・2号から

「早く行こうよぉ~。」

とのブーイングです。

では、泣く泣く別れを告げて出発です。

トイレ休憩を兼ねて日置川の道の駅でストップ。

ガッシー1号2号の影に注目っ!

そうですっ!晴れてきたのですっ!

海も日光でグリーンの綺麗な色です。

Vfsh0128

Vfsh0129 Vfsh0130

ここに海がめが上陸してくるのだそうです。

天気が回復し、綺麗な海を横目でチロチロ。

そうこうしているうちに

ようやく到着。

Vfsh0131

Vfsh0132

ちっちゃく写ってるパンダ見えますかね?

Vfsh0133

赤ちゃんパンダが産まれたようでテーブルの上でゴロゴロと大サービスです。

途中でイスで昼寝のガッシーです。

さあ、いよいよ最後の目的地。

Vfsh0134

さて一体何の写真?どこでしょう?

Vfsh0135

崎の湯とは露天風呂なのですが、なんと海に面しているのですよ。

Vfsh0136

Vfsh0137

あぶない・あぶない・・・。

Vfsh0138

この左の石の壁の向こうは女湯ですよ。

Vfsh0139

風が強くて湯冷めを心配してましたが、

身体の芯からポカポカでした。

(ありきたりな表現ですが・・・。)

Vfsh0140

   とれとれ市場で「堅田丼」をお腹いっぱい食べてから帰路につきました。

前半は残念ながらお天気がいまふたつ、いまみっつでしたが、

まぁまぁ

だったのでは?

次は夏休みでしょうか?

再見!!!

                    BGM  ♪  夏全開  ♪

                            高中正義

|

« 太平洋を満喫したのだっ!(太地町編) | トップページ | タコ釣り?いえっ、キス釣りですっ!(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171120/10079732

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋を満喫したのだっ!(潮岬編):

« 太平洋を満喫したのだっ!(太地町編) | トップページ | タコ釣り?いえっ、キス釣りですっ!(2) »